農研機構特別研究員の募集について(締切:平成28年4月15日)

畜産草地研究所では、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「次世代農林水産創造技術」(平成26年度~30年度)で、精神的ストレスに起因する消化管機能障害を予防する乳酸菌・乳成分・代謝産物を探索する研究を推進するにあたり、以下の要領で農研機構特別研究員を募集いたします。

採用予定人数

1名

採用予定時期

平成28年6月1日

※採用時期についてはご相談に応じます。

研究内容

「精神的ストレスに起因する脳・腸・皮膚の炎症予防成分の探索と評価」の研究課題に従事していただきます。脳と腸は、自律神経系や内分泌系を介して相互作用しています(脳腸相関)。乳酸菌・乳成分・代謝産物摂取のストレス軽減効果を実証する動物実験系を構築するため、精神的ストレスが実験動物(マウス等)の中枢神経系・消化管内分泌系・消化管免疫系・腸内菌叢・腸内容物組成に与える影響を解析します。最終的には、上記で構築した実験系を用いて、有用乳酸菌・乳成分・代謝産物の選抜を行います。

勤務場所

〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所
畜産物研究領域 畜産物機能研究グループ

※4月1日に組織改編を予定しており、組織名称は変更されます。

応募資格

  • 採用日までに博士の学位を取得していること。
  • マウスの行動解析、あるいは中枢神経系の分子・細胞レベルの解析に経験・実績がある方。
    または、関連分野で実績があり上記の研究内容に興味をお持ちの方の応募も歓迎いたします。

雇用条件

  • 雇用期間: 採用日~平成29年3月31日
    (戦略的イノベーション創造プログラムの継続を前提に、勤務実績により平成31年3月31日まで雇用期間の更新あり。)
  • 勤務時間等: 7時間45分/日 月曜日~金曜日
  • 給与: 2,554円~(時給)
  • その他の勤務条件は「国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構契約職員就業規則」に基づきます。

応募書類

  • 履歴書(写真貼付) 1部
  • 学位記のコピー(または修了見込証明書) 1部
  • 業績リスト(原著論文・総説・知的財産権・学会発表) A4判 縦使用 横書き 1部
  • 主要論文の別刷(またはコピー) 2~3報 各1部
  • これまでの研究概要(課題の背景・方法・成果) A4判 縦使用 横書き 1部
  • 研究の抱負 A4判 縦使用 横書き 1部
  • 推薦状(または応募者について照会可能な方の氏名・連絡先) 1部

※封筒表面に「SIP脳機能農研機構特別研究員応募書類在中」と記載し、簡易書留で郵送ください。
※諸連絡をE-mailで行うことがありますので、履歴書にE-mailを明記ください。
※提出書類に含まれる個人情報は、採用審査以外の目的には使用しません。

応募締切

平成28年4月15日(必着)

選考方法

書類選考のうえ、畜産草地研究所において面接を行います(面接日は後日連絡)。面接の際の旅費は自己負担とします。なお、選考の結果、不採用者には選考結果と応募書類(履歴書等)を返却します。

書類提出先・問い合わせ先

〒305-0901 茨城県つくば市池の台2
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所
企画管理部 秋山典昭
電話: 029-838-8617
Fax: 029-838-8606