農研機構特別研究員(動物衛生研究部門)の募集について(締切: 随時)

採用予定人数

1名

業務内容

動物衛生研究部門では、日本医療研究開発機構(AMED)の感染症研究国際展開戦略 プログラム(J-GRID)に参画し動物インフルエンザウイルスの国内外でのサーベイランス活動に取り組んでいます。
本プログラムの遂行にあたり、海外の農場、生鳥市場等から検体を収集して、ウイルスの分離、遺伝子解析、病原性解析を主体的に行っています。このため、BSL-3施設での病原体および動物を用いた実験が可能であり、また東南アジアでの検体収集活動に意欲のある方を募集します。
今回公募する特別研究員の方には、鳥、豚インフルエンザウイルスの動物実験、ウイルス分離、培養、遺伝子組換え実験、シークエンス解析等とともに、海外での検体収集活動に携わっていただきます。

採用予定時期

平成30年4月1日以降(採用時期については応相談)

応募資格

  • 博士号取得者又は博士号取得見込。(採用予定日前に博士課程を修了し、学位取得が可能な者)の者。
  • 病原体を用いた実験、細胞培養、遺伝子組換え、シークエンス解析等に意欲のある方。
  • BSL-3施設内での動物(鳥、豚)を用いた実験が可能であること。
  • 東南アジアへの年に複数回の数週間単位の出張が可能であること。

勤務場所

茨城県つくば市観音台3-1-5
動物衛生研究部門 越境性感染症研究領域

雇用条件

  • 雇用期間:採用日~平成31年3月31日(予算の状況・業務の必要性及び勤務成績によって、年度単位で更新することがあります。ただし採用日から最長平成32年3月31日まで。)
  • 勤務時間等:7時間45分/日 月曜日~金曜日
  • 給与:20,127円~(日給、経験等考慮により決定)
  • 通勤手当:法人規定に基づき別途支給
  • 保険:社会保険・雇用保険・労災保険適用あり(要件を満たす場合)
  • 昇給・賞与・退職手当はありません。その他の勤務条件は、「契約職員就業規則」に基づく

応募書類

  • 履歴書(市販のA4版用紙に手書きし写真貼付のこと・e-mail明記) 1通
  • 業績リスト(学術論文、学会発表)A4判 縦使用 横書き 1通
  • 主要論文別刷またはコピー 1通
  • これまでの研究概要(研究課題、研究の背景、研究の方法、研究の成果、研究に対する評価) A4判 縦使用 横書き 1通
  • 自己PR 1通

※職務経歴については、短期間のもの及びアルバイト等の正規雇用でないものも含めてすべて記入して下さい。特に、農研機構における勤務履歴については、勤務先及び勤務形態の如何を問わず漏れなく記載し、ない場合はなしと記入して下さい。
※封筒表に朱書きで「30-イン-特」と記載下さい。
※提出書類に含まれる個人情報は、採用審査以外の目的には使用しません。
なお、ご提出頂いた書類は返却できませんので、ご了承下さい。

応募締切

随時受付します。ただし、雇用予定者が決定次第予告なく募集を締め切ります。

選考方法

動物衛生研究部門において書類選考のうえ、面接を行います(面接日は後日連絡)。
なお、選考の結果については、不採用者にも選考結果をお知らせします。
※諸連絡をe-mailで行うことがありますので、履歴書にe-mailを記入して下さい。

書類提出先・問合せ先

〒305-0856 茨城県つくば市観音台3-1-5
動物衛生研究部門 企画管理部 管理課
庶務チーム 西海石(さいかいし)
Tel.: 029-838-7714 / Fax.: 029-838-7880

法人番号 7050005005207