採用について

募集要項

農研機構では男女共同参画を推進しており、評価結果が同等と認められる場合には、女性の採用を優先しています。

研究職員

募集職種

  • 研究開発成果の最大化に向けて、
    様々な研究分野を担当する職員
40名程度

応募資格

大学卒業・修士修了(または見込み)以上で、平成30年4月1日現在で29歳以下の者(長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)

  • 次のいずれかに該当する者を除く。
    • 成年被後見人又は被保佐人。
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者。
  • 日本の国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内における当機構で就労するために必要な在留資格を取得すること。

採用ポスト

☆採用当初は、主に次のような分野の研究テーマ担当を想定し、将来、アグロノミストとして活躍が期待できる者を積極的に採用します。 ※大学・大学院での専門分野の研究とは全く異なるテーマに挑戦して頂く場合があります。
作物の品種開発、栽培技術、生産システム、作物の病虫害管理、畜産、農業経営、農業ICT・ロボット、食品加工・流通、環境科学、有害獣の管理などの研究分野を担当

※なお、以下の2区分については、別途実施する試験の合格者から採用する予定です。

  • 獣医系: 農林水産省獣医系技術職員採用試験
  • 農業農村工学系: 国家公務員採用総合試験(農業農村工学)

勤務地

北海道札幌市、岩手県盛岡市、茨城県つくば市、埼玉県さいたま市、三重県津市、広島県福山市、 熊本県合志市 等

*全職種とも、将来、以下の地域にある研究拠点等、あるいは他機関に異動する可能性があります。
北海道・青森県・岩手県・秋田県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・東京都・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・三重県・京都府・岡山県・広島県・島根県・香川県・福岡県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県のいずれか


勤務時間

基本は裁量労働制(1日みなし8時間24分)
※フレックスタイム制度あるいは裁量労働制を選択できます。


給与

*平成29年採用者の給与(参考)

月給:大学院(修士)卒の場合/219,500円~
大学卒の場合/201,300円~

経歴等により決定 (諸手当は別途支給。)


諸手当

地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当等


昇給

年1回


賞与

年2回(期末・勤勉手当)


休日休暇

完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝祭日及び年末年始
年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引等)
育児休業、介護休業等


福利厚生

農林水産省共済組合加入(短期:療養等の給付/長期:年金給付)
雇用保険、労働者災害補償保険、宿舎等


 

一般職員

募集職種

  • 研究開発した成果が社会で活用されるように主に管理運営業務等(事務系業務)を担当する職員
15名程度
  • 農業の基盤となる種苗に関する業務を総合的に行う種苗管理センターにおいて栽培試験業務等(技術系業務)を担当する職員
6名程度

応募資格

【大卒以上】
大学卒業(または見込み)以上で、平成30年4月1日現在で25歳以下の者(長期勤続によるキャリア形成のため/例外事由3号イ)


勤務地

北海道札幌市、岩手県盛岡市、茨城県つくば市、埼玉県さいたま市、三重県津市、広島県福山市、 熊本県合志市 等

*全職種とも、将来、以下の地域にある研究拠点等、あるいは他機関へ異動する可能性があります。
北海道・青森県・岩手県・秋田県・福島県・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・東京都・新潟県・長野県・山梨県・静岡県・三重県・京都府・岡山県・広島県・島根県・香川県・福岡県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県のいずれか


勤務時間

8時30分~17時15分(実働7時間45分)


給与

*平成29年採用者の給与(参考)

月給:【大卒程度試験】大学卒の場合/178,200~

経歴等により決定 (諸手当は別途支給。)


諸手当

地域手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当等


昇給

年1回


賞与

年2回(期末・勤勉手当)


休日休暇

完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝祭日及び年末年始
年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(夏季、結婚、出産、忌引等)
育児休業、介護休業等


福利厚生

農林水産省共済組合加入(短期:療養等の給付/長期:年金給付)
雇用保険、労働者災害補償保険、宿舎等


法人番号 7050005005207