NARO 農研機構 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

てんさい・ばれいしょ等を導入した省力・低コスト化等を可能とする畑輪作体系

  • てんさい・ばれいしょは、北海道の畑作にとっての基幹作物であるだけでなく、畑作特有の連作障害回避のための輪作の維持に欠かすことの出来ない作目であるが、近年の担い手の高齢化に伴い、労働負担が大きいこと等から敬遠され、作付けが減少。また、収益確保に向けては野菜類の導入も重要。
  • また、九州畑作においてもかんしょや冷凍加工用ほうれんそうは重要な輪作作物であるが、大規模化に伴い省力化が必要。
  • このため、労働負担が軽く、作業能率の高い技術開発が重要。
  • 狭畦栽培・カッティングソイラによるてんさい直播の収量向上・安定化
  • 生産性向上のためのICTを活用した高精度作業支援技術の実証
  • 小苗を利用した原料用かんしょ新生産技術による植付け作業の省力化と収量の安定化

てんさい・ばれいしょ等を省力・低コスト化して安定的に生産