NARO 農研機構 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

露地野菜の省力化及び安定生産を可能とする技術体系

  • 近年の野菜消費の特徴として、世帯構成の変化や生活スタイルの変化による「食の外部化」が進展。
  • 野菜においては加工・業務用の需要が増加。しかし、加工業務用野菜における輸入野菜の割合は30%を占めており、これを打破するには端境期への対応や低コストな生産体系が不可欠。
  • レタス・キャベツ産地間連携・産地内協調支援システムの開発と実証
  • タマネギの省力収穫・調製体系の確立