NARO 農研機構 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

果樹の省力化・軽労化及び安定生産を可能とする技術体系

  • 果樹は収穫等機械化が困難な作業等が多く、労働集約的であり、社会構造変化に伴う果樹農家の高齢化や女性の進出への対応、経営規模拡大のためには、作業の省力化や軽労化が必須。
  • また、輸入果実との競争力向上のためには、高品質果実を安定的に生産・出荷することや産地ブランドを形成し他者との差別化を図ることが重要であり、これらを通じて、果樹農家の収益性の向上や経営安定につなげていく必要。
  • 運搬の軽労化と自動かん水施肥によるマルドリ方式や屋根かけ栽培による高品質生産を可能にする傾斜地園地整備技術
  • ICTによる情報共有とマルドリ方式による栽培環境に対応した高品質カンキツ生産技術体系の開発とその支援技術

消費者の求める糖度の高い高品質な果実を安定的に生産