主要土壌線虫識別のためのポイントとなる特徴トクチョウ
特長トクチョウが( )にカコまれている場合バアイは,その特徴トクチョウがわかりにくい,はっきりとはえにくいことをシメす。
体の概形:太さ・プロポーション
小型 体長短く小型コガタ線虫センチュウ
細長 細長いスレンダーな線虫
中庸 中庸な線虫らしいプロポーション
大型 太くて長い大型の線虫
太短 体長短いが太く見える線虫
体の概形・形状ケイジョウ
棒状 体は幅があり両側平行,体前端・尾部は特段細くならない。
涙滴 体前端は特段細くならないが,尾部は徐々に細くなる。
紡垂 体前部・尾端は徐々に細くなる。
涙糸 涙滴型で,尾端は糸状に細く伸びる。
線状 体は細く両側平行,尾部は糸状に伸びない。
糸状 細長いスレンダーな線虫で,尾部が糸状に長く伸びる。
体の概形・曲り工合
直線 体はほぼ直線状
屈曲 体は不規則に屈曲する。
( 型 体はわずかにカーブ
し字 体は後半部コウハンブでカーブし,「し」の字状
C字 体は均一キンイツにC字状にカーブ
らせん 体はぐるぐると巻く。
頭部の概形(含む頭部の飾り・口唇部のくびれ)
飾りがあり属特異的な形状(ツギラン形状ケイジョウを表記)
細丸 細い頭部だがよく見ると頭部のシルエットは丸
細角 細い頭部だがよく見ると頭部のシルエットは角張る。
細くなく丸い頭部
カク 細くなく角張カクバ頭部トウブ
太角 太く角張る頭部
三角 細長くなく先端がやや尖って三角に見える頭部
カザ・頭部骨格・Cephalic Sensilla
王冠オウカンツバサなどカザりの形状ケイジョウ表記ヒョウキ
骨格 頭部骨格が発達
Sensilla Cephalic Sensilla(ヒゲ)あり
口唇部のくびれ
オフセット 口唇コウシン容易ヨウイ区別クベツされる。
くびれ 口唇コウシン後端コウタンにくびれがある。オフセットとほぼオナ
口腔の特徴
口針 口針を持つ(Tylenchidaモク)。
歯針 歯針を持つ(Dorylaimidaモク)。
樽型タルガタ 口唇コウシンタイフク大半タイハンめ,樽型タルガタでよく目立メダつ(大型オオガタの)口腔コウクウ
大歯 Mononchidの著しい壁歯
ショウ よく観察カンサツするとミトめられるチイさい
小腔 口腔あり,どちらかというと縦長,トキに「ギャク円錐形エンスイケイ
横長 口腔あり,どちらかというと横長
筒状 Rhabditidの両側平行,筒型の口腔,またはこれに類似ルイジのもの(*をす)
不明瞭フメイリョウ 口腔不明瞭
口針/歯針の特徴
細短 細短く節球だけが目立つ口針
細漠 細短くはっきりしない口針
太短 太短いはっきりした口針
長大 長大でフレキシブルな口針
セツキュウ 口針コウシン節球セッキュウがあり,よく目立メダつ。DorylaimidaモクTylencholaimusゾク歯針シシン末端マッタンセツキュウヨウにふくらむ。
D細短 細くて短い歯針
D細長 細くて長い歯針
D太短 太短い歯針
D長大 太く長大な歯針
D弓形 ユミハリセンチュウの弓型の歯針
D複合 Diphtherophora属の複合型の歯針
食道の特徴
発達ハッタツ食道球 発達した中部食道球とその弁
中部食道球 中部食道球有
合体ガッタイ食道球 口針コウシン中部チュウブ食道ショクドウキュウにつながっているようにえる。
中部・後部 食道中部と後部両方に膨大部
後部,蝶型 発達した後部食道球と蝶型の弁
後部,楕円 後部食道球あり,弁は蝶型ではない
後部,十字 後部食道球あり,弁は蝶型ではなく,横溝ヨコミゾがあり,十文字ジュウモンジに4ブンされているようにえる。
ビン Dorylaimida型のビン型の食道(Mononchids含む)
食道が波線状に認められる。
不明瞭フメイリョウ 食道の形態不明瞭
尾部の形状・概形:雄成虫以外
糸状 尾部は細長く先端は糸状に長く伸びる。
糸三 尾部は細長い三角形,先端は糸状に伸びる。
細三 尾部は先端が尖り細長い三角形
三角 尾部は先端が尖りやや長い三角形
台形 先端やや切断状で概形台形
楕円 尾部は全体として長楕円形を切った形
長円 尾部は先端が円形,全体としては長円形
鈍三 尾部は短く正三角形に近い形状
丸尾 尾部は短く半円形
その 上記で表現できない独特の形状の尾部は属名に的を付け表記
尾部の形状・曲り工合(尾部が短く曲り工合が決められない場合がある)
直線 尾部はほとんどまっすぐ。
腹側 尾部は腹側に曲る。
背側 尾部は背側に曲る。
尾端の形状
糸状 尾端は糸状でひねひねしている。
糸直 尾端は糸状で真直ぐ
ホソボウ 尾端ビタンホソいがハバがあり,糸状イトジョウではなくマルい。
三直 尾端は長三角形状で尖り真直ぐ
三曲 尾端は長三角形状で尖りひねひねしている。
切断 尾端はやや切断状
鈍尾 尾端は鈍い三角形状
丸尾 尾端は丸められる。
突起 尾端は突起(mucro/spinneret)を備える。
雄成虫の尾部の特徴
尾翼 尾翼あり,よく発達し尾端を取り囲む。
小翼 尾翼あり,発達程度低くソウ排泄口ハイセツコウ付近フキンのみ。
突出 交接刺が体外に突出しよく目立つ。
Aphe Aphelenchoides属の特徴的な交接刺
その他
環著 体環が顕著ではっきりと認められる。
体環 体環が容易に確認できる。
テンコク 角皮カクヒ点刻テンコクがある(点刻テンコク体環タイカンヨウナラぶ)。
皮膨 角皮が膨潤,ぶよぶよした様子に見える。
波腸 腸管の中央に,波状に線が見える。
コウトツ 肛門コウモン隆起リュウキ
雄多 雄成虫が普通に出現する。
雄稀 雄成虫はめったに見られない。
雄無 雄成虫はまったく出現しない。
サヤナカ タイマエのステージの角皮カクヒツツまれる。