前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数
情報:農業と環境 No.104 (2008年12月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課との意見交換会が開かれた

2008年11月10日、農林水産省農林水産技術会議委員室 (東京) において、農業環境技術研究所と農林水産省大臣官房環境バイオマス政策課との意見交換会が開催されました。農業環境技術研究所は、研究の内容や成果を政策の企画・立案に役立て、また行政機関や国民のニーズに対応する新たな研究課題を設定するため、行政の各部局との間で意見交換会や連絡会を開催しており、さる7月2日には 農林水産省農村環境保全室との連絡会 が開かれています。

本年の意見交換会では、まず農業環境技術研究所から、環境バイオマス政策課の行政施策にかかわりの深い 「農地土壌への炭素蓄積」、「FACE (開放系大気CO増加) 実験」、「生物多様性指標の策定」 の3つの研究の内容や成果について話題提供をしました。

環境バイオマス政策課からは、農地土壌による炭素吸収量の算定・報告にかかわる課題省CO効果の 「見える化」生物多様性保全の推進第10回ラムサール条約締約国会議の報告、国際バイオ燃料基準検討会議のとりまとめ国産バイオ燃料の生産拡大に向けた取り組み (ページのURLが変更されました。2015年6月) など、さまざまな政策や事業に関する話題提供がありました。

話題提供の後には活発な質疑や意見交換が行われ、各テーマの担当者のレベルでの緊密な情報提供や打ち合わせを今後も継続することが確認されました。

開催概要は、以下のとおりです。

開催日時

平成20年11月10日(月曜日) 15:30 〜 18:00

開催場所

農林水産省農林水産技術会議委員室

出席者

(大臣官房環境バイオマス政策課)

西郷 課長、澤田 政策情報分析官、木内 地球環境対策室室長、伊巻 地球環境対策室課長補佐、安高 地球環境対策室課長補佐(国際バイオマス)、尾室 バイオマス推進室課長補佐(環境技術班)、森本 地球環境対策室課長補佐(バイオマス企画班)、村山 地球環境対策室課長補佐(地球環境企画班)、坂下 地球環境対策室環境影響評価調整係長、奥西 地球環境対策室地球温暖化適応策係員、草塲 政策課技術調整室研究専門官

(生産局)

大島 農業環境対策課生産専門官

(農村振興局農村環境課)

大塚 課長補佐(気候変動班)、松下 課長補佐(生物多様性保全班)、大城 気候変動調査係長、河北 気候変動対策係長、鹿田 気候変動技術係長

(農林水産技術会議事務局)

藤田 技術政策課課長補佐(企画班)、平川 技術政策課企画第2係長、引地 研究推進課課長、青井 研究推進課課長補佐(企画班)、山田 研究推進課課長補佐(調整班)、尾室 研究推進課課長補佐(知的財産班)、梅原 研究推進課課長補佐(産学連携振興班)、島津 研究推進課調整第2係長、新井 研究開発官、大谷 研究調整官、吉田 研究開発官室(環境)付研究専門官(地球環境担当)、枝川 研究開発官室(環境)付研究専門官(バイオマス担当)、瀧本 研究開発官室(環境)付研究専門官(地球温暖化担当)

(農業環境技術研究所)

佐藤 理事長、長谷部 研究統括主幹、今川 研究コーディネータ、谷山 研究コーディネータ、宮田 大気環境研究領域長、菅原 物質循環研究領域長、對馬 生物生態機能研究領域長、酒井 大気環境研究領域主任研究員、田中 生物多様性研究領域上席研究員、白戸 農業環境インベントリーセンター主任研究員、田中 企画戦略室主任研究員、鳥谷 連携推進室長、齋藤 連携推進室主任研究員

議事次第

あいさつ・出席者紹介 (司会進行 伊巻課長補佐)

西郷 環境バイオマス政策課長 あいさつ

佐藤 農業環境技術研究所理事長 あいさつ

農業環境技術研究所からの話題提供 (司会進行 長谷部 研究統括主幹)

農地土壌への炭素蓄積 (農業環境インベントリーセンター主任研究員 白戸康人)

FACE実験:これまでとこれから (大気環境研究領域主任研究員 酒井英光)

生物多様性指標 (生物多様性研究領域上席研究員 田中幸一)

環境バイオマス政策課からの話題提供 (司会進行 伊巻 課長補佐)

(地球環境対策室長 木内岳志)

意見交換 (司会進行 伊巻 課長補佐)

閉会あいさつ (長谷部 研究統括主幹)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事