前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
情報:農業と環境 No.119 (2010年3月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

農業統計情報メッシュデータ閲覧システムを公開

2月8日、農業環境技術研究所は、作物の栽培面積などをメッシュ地図として表示できる「農業統計情報メッシュデータ閲覧システム」をインターネット上に公開しました。

公開されたシステムでは、全国の土地利用の情報と農林業センサスデータとを統合して、約1km四方のメッシュ単位で作物の栽培面積などを算出し、各メッシュのデータを地図上に表示できます。メッシュ地図によって各県の作物栽培面積の分布を見たり、時間的な変化を見たりすることもできます。

メッシュ化された統計データ(希望者にCDで配布しています)を利用することで、農業に由来する窒素やリンの水質への影響、土壌侵食の危険性、農地の炭素蓄積機能などを、これまでより高い精度で推定することが可能になります。

このシステムは、2月9日に「農業統計情報メッシュデータ閲覧システムを公開 ―1kmメッシュごとの農作物の栽培面積が一目でわかる―」としてプレスリリースされました。

農業統計情報メッシュデータの利用例(メッシュ地図)
農業統計情報メッシュデータの利用例
(プレスリリース資料より)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事