前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.125 (2010年9月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

「農薬の作物残留と大気中挙動−規制と研究−」第10回有機化学物質研究会および第27回農薬環境動態研究会(10月21・22日 つくば)

農業環境技術研究所は、10月21・22日、農業環境技術研究所 (つくば市) において、「農薬の作物残留と大気中挙動−規制と研究−」 をテーマとして、第10回有機化学物質研究会および第27回農薬環境動態研究会を開催します。

開催趣旨

農薬は有用な農業資材ですが、誤った使用や系外への流出によって、ヒトの健康や環境に悪影響を及ぼす可能性があります。それらを守るために、これまで農薬取締法や食品衛生法の改正が繰り返されてきました。たとえば、食の安全に対しては、わが国では平成18年度にポジティブリスト制度が導入されるとともに、作物残留の適正実験規範、いわゆる GLP (Good Laboratory Practice) が来年度から本格的に導入される予定です(平成20年3月31日公布)。また、大気中挙動についても、周辺住民の吸入曝露(ばくろ)の観点からドリフト防止を中心にさまざまな取り組みがなされています。さらに、OECD(経済協力開発機構)や Codex(FAO/WHOの合同食品規格委員会)における農薬のリスク分析はますます進化するとともに、国際的調和も求められています。しかし、このような農薬に関連した食の安全や大気経由の曝露に関する行政対応に対して、その裏付けとしての研究は十分とはいえません。

そこで、本研究会では、農薬の作物残留や大気中挙動に関する規制の国内外の最近の動向と対応する研究の取り組みの現状を紹介することにより、わが国で推進すべき農薬研究の方向を明確化することをめざします。

開催日時:2010年10月21日(木曜日) 10:00 〜 22日(金曜日) 12:20

開催場所:農業環境技術研究所 大会議室

参加:参加費無料、参加申し込み をお願いします。

参集範囲:国公立・独立行政法人試験研究機関、 大学、 行政部局、 関連団体等

プログラム

平成22年10月21日(木曜日)

10:00−10:10  挨拶

農業環境技術研究所 理事長 佐藤洋平

10:10−10:25  研究会の趣旨説明

農業環境技術研究所 有機化学物質研究領域 與語靖洋

<第一部> 作物残留

10:30−11:10  食品安全管理におけるリスクアナリシス〜リスク評価とリスク管理の関連性

京都大学大学院農学研究科 山口治子

11:10−11:50  農薬の ADI 決定における作物残留の位置づけ

食品安全委員会事務局 佐藤京子

[ 昼食(11:50−13:00)]

13:00−13:40  農薬の作物残留に関する国際的な動向

農林水産省・消費安全局 石岡知洋

13:40−14:20  農薬 GLP 制度の概要と作物残留性試験への適用

農林水産消費安全技術センター 赤川敏幸

[ 休憩(14:20−14:40)]

14:40−15:20  農薬の作物残留GLP試験の実際

化学分析コンサルタント 松澤幸一郎

15:20−16:00  マイナー作物における農薬残留試験の実態

農業環境技術研究所 石坂眞澄

16:00−16:40  生産現場における農薬残留分析

奈良県病害虫防除所 谷川元一

16:40−17:15  総合討論:テーマ「作物残留に関する農薬規制に求められる研究課題」

農業環境技術研究所 與語靖洋

[ 情報交換会(17:30−19:00)]

平成22年10月22日(金曜日)

<第二部> 大気環境

  9:00−  9:40  大気中農薬の規制に関する海外の動向

住友化学株式会社 長澤直子

  9:40−10:20  大気中農薬の規制に関する国内の動向

環境省大気・水環境局 荒木智行

[ 休憩(10:20−10:40)]

10:40−11:20  航空防除の現状と飛散低減対策について

農林水産航空協会 芳賀俊郎

11:20−12:00  農薬のスプレードリフトにおける微小粒子の生成

農業環境技術研究所 小原裕三

12:00−12:20  総合討論:テーマ「大気環境に関する農薬規制に求められる研究課題」

農業環境技術研究所 與語靖洋

参加申し込み・問い合わせ

出席及び宿泊申込書(Excelファイル)(PDFファイル) に所定事項をご記入の上、10月1日(金曜日)までに、下記あてに(できるだけ電子メールで)お申し込みください。なお、農林水産技術会議事務局・筑波事務所の宿泊施設の利用をご希望の場合は、9月10日(金曜日)までにお申し込みください。

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3

農業環境技術研究所 有機化学物質研究領域長 與語靖洋

電話:029-838-8301 FAX:029-838-8199

E-mail: yogo@affrc.go.jp

前の記事 ページの先頭へ 次の記事