前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.139 (2011年11月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

研究成果発表会 「農作物のリスク低減に向けて −重金属・POPs と農耕地管理−」

11月7日(月曜日)、秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田) において、研究成果発表会 「農作物のリスク低減に向けて −重金属・POPsと農耕地管理−」 が、農林水産技術会議事務局と農業環境技術研究所によって開催されます。

開催趣旨

わが国においては、近年食品安全行政にリスク分析を導入することによって、農畜水産物のさらなる安全を確保に努めています。その一環として、農林水産省は、それらに対する重要な危害要因として、優先的にリスク管理を行うべき有害化学物質や有害微生物 をリストして、各種対策に取り組んでいます。それらの取り組みに対して、科学的な裏付けに基づくデータ整備・解析のための手法開発や、リスクを低減するための技術開発が求められています。

このことを受け、農林水産省委託プロジェクト 「生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発(略称:生産工程)」(平成20〜24年度)を実施しています。本プロジェクトでは、生産から流通加工まで、農畜水産物において重要度が高い危害要因として、重金属、残留性有機汚染物質 (いわゆる POPs )、かび毒、病原微生物を取り上げています。

そこで本発表会では、標記プロジェクトのうち、危害要因としてヒ素およびカドミウムと POPs を対象としている化学物質チームにおいてこれまで得られた新しい知見を、一般市民を含めた多くの方々に紹介するとともに、今後の研究戦略や課題について議論することをめざします。

開催日時: 2011年11月7日(月曜日) 13:00 〜 17:00

開催場所: 秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル)
交通案内

共催: 農林水産技術会議事務局、 (独)農業環境技術研究所

参加方法: 参加費 無料、 事前登録 不要

詳細: 研究成果発表会 「農作物のリスク低減に向けて −重金属・POPs と農耕地管理−」(2011年11月7日 東京) 開催案内 をご覧ください。

ポスター画像
研究成果発表会
「農作物のリスク低減に向けて−重金属・POPsと農耕地管理−」 開催案内ポスター
(PDF ファイル 0.4 MB)

前の記事 ページの先頭へ 次の記事