前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.142 (2012年2月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

第2回 農業環境インベントリー研究会 「昆虫インベントリーの整備と有効利用のためのシステム」

独立行政法人農業環境技術研究所は、2月23日(木曜日)午後、つくば国際会議場において、第2回 農業環境インベントリー研究会 「昆虫インベントリーの整備と有効利用のためのシステム」 を開催します。

農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンターは、国内屈指となる昆虫標本約130万点を所蔵し、2011年3月から 「昆虫データベース統合インベントリーシステム」 を介して、これらの所蔵情報の発信を本格的に開始しました。しかし、取り組みは始まったばかりであり、膨大な情報をいかに効率的に整理して、さまざまなユーザーに有効に利用してもらうかなど、多くの課題があります。

一方、国内では大学や都道府県などの博物館において、Webによる生物情報の発信が始められています。このことから、昆虫情報をより有効利用するためには、国内ネットワークの充実も大きな課題となっています。

また、国際的には、昆虫を含むさまざまな生物の多様性について、生物多様性条約を推進する中で、地球規模生物多様性情報機構(GBIF)による情報収集が進められており、これらに対するわが国の貢献が期待されています。

この研究会では、農業環境資源の一つである昆虫情報の蓄積やその情報発信システムについて、科学的・社会的な意義を確認するとともに、農業環境インベントリーセンターでの最近の研究成果を紹介して、今後の課題を議論します。

参加費は無料ですが、参加登録ページ より事前登録をお願いします。

開催日時: 2012年2月23日(木曜日) 13:00−17:15

開催場所: つくば国際会議場 (茨城県つくば市)

主催: (独) 農業環境技術研究所

参加: 無料

詳細: 第2回 農業環境インベントリー研究会 「昆虫インベントリーの整備と有効利用のためのシステム」(2012年2月23日) 開催案内 をご覧ください。

前の記事 ページの先頭へ 次の記事