前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.153 (2013年1月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

農業環境技術公開セミナー in 静岡 「生産性と環境保全を両立する茶園のエコ管理」 (1月22日 静岡) 開催案内

(独)農業環境技術研究所と静岡県農林技術研究所は、1月22日午後、静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ(静岡市)において、農業環境技術公開セミナー in 静岡 「生産性と環境保全を両立する茶園のエコ管理」を開催します。

このセミナーでは、茶園における生物多様性を保全する研究や環境負荷を軽減する研究の最新の成果を、広く一般市民、農業関係者に紹介することによって、参加者相互の理解と連携・協力の推進を図ります。

農業環境技術公開セミナーin静岡 開催案内ポスター
農業環境技術公開セミナー in 静岡
開催案内ポスター
(PDFファイル 0.5 MB)

日時: 2013年1月22日(火曜日) 12:00 − 17:00

会場: 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 10階会議室
静岡市駿河区池田79-4(JR東静岡駅前)

主催:

(独)農業環境技術研究所静岡県農林技術研究所

後援: (独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所

参加: 無料
事前参加登録の受付は終了しました。会場での参加登録もお受けしますので、未登録の方は会場受付にお知らせください。

詳細: 農業環境技術公開セミナー in 静岡 「生産性と環境保全を両立する茶園のエコ管理」 特設ページ をご覧ください。

プログラム

12:00 ポスターセッション

12:45 受付開始

13:15 開会あいさつ

セッション1 — 生物多様性を守り、高品質なお茶を生産する茶園管理

13:30 茶園が育む「茶草場」の生物多様性

14:00 静岡県における茶草農法の取組

14:30 休憩 / ポスターセッション

セッション2 — 環境負荷低減とともに経済性のある茶園施肥管理

14:45 農耕地土壌からの一酸化二窒素発生とその削減

15:15 茶園土壌からの一酸化二窒素発生とその削減

15:45 長期の施肥削減が茶の収量に及ぼす影響と茶栽培地域周辺のため池・井戸水の水質推移

16:15 総合討議

16:50 閉会あいさつ

問い合わせ先

〒438-0803 静岡県磐田市富丘678-1
静岡県農林技術研究所
企画調整部 専門監 柴田 茂樹
電話 0538-36-1553 ファックス 0538-37-8466
Eメール agrikikaku@pref.shizuoka.lg.jp

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
(独)農業環境技術研究所
連携推進室長 川崎 晃
電話 029-838-8181 ファックス 029-838-8199
Eメール coord@niaes.affrc.go.jp

前の記事 ページの先頭へ 次の記事