前の記事 | 目次 | 研究所 | 次の記事 2000年5月からの訪問者数(画像)
農業と環境 No.165 (2014年1月1日)
独立行政法人農業環境技術研究所

「リモートセンシングの食糧インテリジェンスへの戦略的利用に向けて」
(農業環境技術研究所30周年記念ワークショップ)
開催案内

農業環境技術研究所は2月14日(金曜日)、丸ビル・カンファレンススクウェア (東京都千代田区丸の内) において、農業環境技術研究所30周年記念・生態系計測研究ワークショップ 「リモートセンシングの食糧インテリジェンスへの戦略的利用に向けて」 を開催します。

世界の人口は今世紀末には100億人に到達すると予測されていますが、地球規模の温暖化や異常気象の増加による食糧生産への影響が深刻化しています。しかも、市場経済のグローバル化にともなって、主要作物の生産力の変動は世界の作物需給の不安定化、価格の乱高下に直結しています。

このような背景のなか、主要作物の広域的な生産力の実態に関する正確かつタイムリーな情報の重要性はますます高まっており、地球観測衛星群によるリモートセンシングへの期待はきわめて大きくなっています。

そこで、本ワークショップでは、食糧安全保障や作物統計、被害査定などにかかわるインテリジェンスの根幹となる広域的な作物生産情報の収集に向けて、地球観測衛星群を高度かつ持続的に利用するため、センサ、データ、研究、利用などにおける今後の課題を議論します。

開催日時: 2014年2月14日(金曜日) 13:00 〜 17:00

開催場所: 丸ビル・カンファレンススクウェア Room 5(東京都千代田区丸の内2-4-1)

主催: 独立行政法人 農業環境技術研究所

詳細: ワークショップ 「リモートセンシングの食糧インテリジェンスへの戦略的利用に向けて」 開催案内ページ をご覧ください

前の記事 ページの先頭へ 次の記事