おもな施設

研究所の概要 

ここから本文です。

温室効果ガス発生制御施設
連続自動モニタリングシステムを設置して、農地からの温室効果ガスの発生を抑制する技術を研究しています。
農業環境インベントリー展示館
農業環境インベントリーの目的や内容について知っていただくため、2005年4月に公開しました。土壌モノリス展示室、昆虫・微生物展示室、肥料・煙害展示室 のほか、世界の昆虫オブジェ展示コーナー、セミナー室などがあります。
インベントリー展示館の見学を希望される方は、[見学の申し込みについて] をご覧いただき、事前にご相談ください
[ 農業環境インベントリー展示館パンフレット (PDF 1.2 MB) ]
土壌モノリス展示
農業環境インベントリー展示館内に、国内外の土壌断面標本約300点を所蔵・展示しています。
[ 土壌モノリス展示パンフレット (PDF 3.0 MB) ]
昆虫標本館
国内外の昆虫標本約120万点を所蔵しています。その一部は農業環境インベントリー展示館でご覧になれます。
微生物標本館
微生物ホロタイプ標本、微生物乾燥標本、微生物乾燥さく葉標本などを保管しています。微生物乾燥標本、微生物さく葉標本の一部が農業環境インベントリー展示館に展示されています。
環境化学物質分析施設
ダイオキシンをはじめとする超微量の環境化学物質を調べるための分析機器・設備があります。
ミニ農村
二次林、ため池、田畑、社寺林などを備えた実物大の農村環境モデルを作り、農村の生物多様性について研究しています。
[ 生物多様性の保全(環境報告書2005 より)(PDF 0.8 MB) ]
[ 農業環境技術研究所に復活した農業生態系(環境報告書2006 より)(PDF 1.4 MB) ]
組換え植物隔離ほ場
遺伝子組換え植物の環境への安全性を評価するため1990年に設置されました。第一種使用規程の承認を受けた組換え作物の栽培実験が行われています。
[ 組換え植物隔離ほ場パンフレット (PDF 5.0 MB) ]
[ 遺伝子組換え植物隔離ほ場(環境報告書2012 より)(PDF 1.1 MB) ]
つくばみらいFACE実験施設
FACE(開放系大気CO増加)実験施設をつくばみらい市の水田に設置して、将来予測される高い大気CO濃度や気候変動に対して農業生態系がどのように応答するかを、囲いのない屋外条件で調べています。
図書館
明治時代からの貴重な資料をはじめ、約13万冊の単行本、和洋雑誌があります。