農業環境技術研究所研究情報知的財産・技術移転保有特許情報
農業環境技術研究所お知らせ保有特許情報

農業環境技術研究所 保有特許情報
生分解性プラスチック分解酵素の製造方法及びこれに使用されるPseudozyma antarctica

平成28年2月1日更新

本件発明内容の詳細については、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat) で入手可能な(公開)特許公報を参照下さい。
発明の名称生分解性プラスチック分解酵素の製造方法及びこれに使用されるPseudozyma antarctica
要約 [課題] 自然界から単離された、安全性の確認されている微生物を用い、遺伝子組み換え技術を用いずに生分解性プラスチック分解酵素を大量生産する技術を開発すること。
[解決手段] キシロースを含有する培地中でPseudozyma antarcticaを培養することを特徴とする生分解性プラスチック分解酵素の製造方法によれば、遺伝子組み換え技術を用いずに生分解性プラスチック分解酵素を大量に生産することができる。このように、大量に生産された生分解性プラスチック分解酵素は、圃場に敷設された生分解性マルチフィルムを分解するために使用でき、安全且つ効率的に生分解性マルチフィルムを分解することができる。
出願番号2011-186786出願日2011年8月30日
公開番号2013-048563公開日2013年3月14日
登録番号5849297登録日2015年12月11日
出願人独立行政法人農業環境技術研究所
発明者北本 宏子
小板橋基夫
吉田 重信
渡部 貴志

[ お問い合わせ先 ]

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
国立研究開発法人 農業環境技術研究所 連携推進室
電話 029-838-8181 E-mail coord@niaes.affrc.go.jp