2015年4月現在

氏名

麓 多門(ふもと たもん) Fumoto, Tamon

所属・職名

物質循環研究領域 主任研究員

現在の研究内容

 大気CO2の増加や温暖化などの気候変動は、農作物の収量以外にも農業生態系に様々な影響を与えると考えられる。例えば、大気CO2の 増加は農作物の成長を促進する反面、メタンや亜酸化窒素などの温室効果ガスの発生を増加させることが実験的に分かってきている。このような気候変動の影響を国あるいは地球規模で評価するために、気候変動が農業生態系の炭素・窒素循環に与える影響を予測する数理モデルを開発している。

最近の業績

(論文)

(解説その他)