2015年4月現在

氏名

酒井 英光 (さかい ひでみつ)

所属・職名

企画戦略室 主任研究員
大気環境研究領域 (併任)

現在の研究内容

大気 CO2濃度は 産業革命以来 上昇を続け、今世紀末には約2倍の濃度に達すると予測されています。 CO2 は光合成の基質であることから、植物はCO2濃度上昇の影響を大きく受けると考えられます。コメは世界で最も多くの人の主食であることから、CO2濃度が上昇する将来のコメ生産を予測しておく必要があります。最も有効な方法は、CO2濃度の上昇がコメの生産性に及ぼす影響をシミュレートできるモデルを開発することです。そこで、実験的に高CO2濃度の条件下でイネを栽培し、生育の様々な過程や収量が高CO2濃度に対してどう応答するかを解明し,その反応をモデル化しています。

最近の業績(5年)

(論文)