重点研究課題

リサーチプロジェクト(RP)

有機化学物質リスク管理RP

重金属リスク管理RP

外来生物生態影響RP

遺伝子組換え生物生態影響RP

水田生物多様性RP

情報化学物質生態機能RP

気候変動影響RP

温暖化緩和策RP

栄養塩類リスク評価RP

温暖化モニタリングRP

化学分析・モニタリングRP

農業空間情報RP

農業環境情報・指標RP

環境資源分類RP

外来生物生態影響 リサーチプロジェクト

 

外来生物による農業生態系のかく乱と被害を防止するため、次のような研究を行います。

(1) 外来植物について、生育・繁殖、植物生育阻害物質の産生、在来植物との交雑などの特性と侵入経路を調べ、生態系へのリスクを数値化します

(2) 生態系へのリスクが大きい侵入初期の外来植物について、その拡散や被害の予測を行い、まん延を防止するための対策を示します。

(3) 外来生物の農業生態系に対するリスクを管理するため、外見からは在来種との判別が難しい外来天敵昆虫や、外来種と在来種とが交雑した個体を識別できる分子マーカーなどを利用して、早期検出や監視の技術を開発します。

リサーチプロジェクト(RP)の紹介(5) 外来生物生態影響RP (情報:農業と環境 No.79 2006年11月)

研究紹介リーフレット 「外来生物の生態系影響を評価しリスクを管理する」 (PDFファイル、0.7MB)

リサーチプロジェクトリーダー:

 生物多様性研究領域 上席研究員 藤井 義晴

(本RPは、2011年3月に解散しました。2011年4月以降のRP一覧