農業環境技術研究所 最終更新日: 2009年7月17日 NIAESロゴ

7月のセミナー予定

農業環境技術研究所
セミナー開催記録

生物多様性研究領域セミナー
(平成21年度 第3回)

日時: 平成21年7月2日(木) 13:30~15:00
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
Chemical communication among plants and insects Consuelo De Moraes
(The Pennsylvania State University)
田端
電話 838-8254
西田
電話 838-8312
内容

情報化学物質による植物間の相互作用および植物-昆虫間の相互作用に関する話題を紹介する。

物質循環研究領域セミナー
(平成21年度 第3回)

日時: 平成21年7月14日(火) 15:00~16:30
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
Overview of research on animal manure utilization: Benefits and environmental impact Karamat Sistani
(USDA-ARS)
岸本(莫)
電話 838-8225

電話 838-8225
内容

Nonpoint source pollution of water by agricultural activities during the past 20 years has received global attention. Among many issues, utilization of animal has had a great impact. Animal manure can serve as an invaluable plant nutrient resource for row crop and forage production systems. However, long-term application of manure to the same soil can result in adverse environmental impacts associated with accumulation of some nutrients particularly P, surface runoff transport of nutrients, pathogens to water bodies, and emission of greenhouse gases (GHG) form animal production facilities and lands receiving animal manure. More than two-thirds of the total U.S. poultry production is located in the southeastern States, and is a major segment of the farm economy in the region. It has also been reported that the industry generates over 20 million tons of manure annually, of which over 90% is land applied. Safe usages of the manure require sound management practices that improve manure-nutrient use efficiency while minimizing the environmental hazard. Ongoing research on best management practices (BMP) of animal manure with regard to Method of Application, Application Timing, and Application Rate will be discussed in this presentation.

◆◆◆ どなたでも参加できますので、参加したい方は直接会場にお越しください ◆◆◆

農業環境インベントリーセンターセミナー
(平成21年度 第1回)

日時: 平成21年7月15日(水) 13:30~15:00
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
関東地方における農耕地土壌の分布面積の時空間変動解析
Analysis of spatial and temporal variation of the cultivated soil area in Kanto region
高田 裕介
(農環研)
Yusuke TAKATA
(NIAES)
白戸
電話 838-8235
吉武
電話 838-8348
内容

関東地方では、1973年から2005年にかけて、約20万haの農耕地が改廃されている。これに伴う農耕地土壌の分布面積の変容過程を3時期のデジタル農耕地土壌図(1992年、2001年、2005年)と1973年度の統計資料を用いて解析を行ったので、その内容を紹介する。

テーマ 講演者 連絡先
有機物投入量に応じた土壌炭素量の変化係数~土壌炭素動態モデルRothCの活用~
Creating soil carbon stock change factor for organic matter application using RothC model
白戸 康人
(農環研)
Yasuhito SHIRATO
(NIAES)
白戸
電話 838-8235
吉武
電話 838-8348
内容

IPCCガイドラインには、自然植生下の土壌炭素量に土地利用、耕起法、有機物管理の係数を乗じて土壌炭素量を算出する簡易な式があるが、有機物管理の係数は施用量に応じた定量的な係数になっていない。そこで、日本の気象、土壌条件における有機物施用量に応じた土壌炭素の変化係数を、RothCモデルを用いて作成することを試みたので、その内容を紹介する。

土壌環境研究領域セミナー
(平成21年度 第2回)

日時: 平成21年7月15日(水) 15:00~17:00
場所: 453会議室
テーマ 講演者 連絡先
東アジアにおける黄砂現象にともなう放射性セシウム(137Cs)の大気降下
Atmospheric Deposition of Radioactive Cesium (137Cs) Associated with Dust Events in East Asia
藤原 英司
(農環研)
阿部
電話 838-8315
牧野
電話 838-8314
内容

137Csは核分裂反応により生成する半減期約30年の人工放射性核種で、その外部放射線による公衆被曝が放射線リスク管理上の問題となる。1950年代から80年代初頭にかけて実施された大気圏内核実験や1986年のチェルノブイリ発電所事故によって、この137Csが大気圏に拡散し汚染は地球全体に及んだ(グローバルフォールアウト)。その後、大気圏内核実験の実施例はなく大規模事故も発生しなかったため、大気中137Csは減少傾向を示し、1990年代には公衆へ影響を及ぼす水準ではなくなったと考えられていた。しかし日本では現在も137Csの大気降下が継続し、特に春季には降下量の増大が認められる。この現象は黄砂飛来に起因すると考えられたため、気象データ解析や大陸土壌の分析にもとづいて、137Csを含む砂塵の供給源や大気経由輸送プロセスを解明した。

テーマ 講演者 連絡先
窒素固定バクテリアエンドファイト Herbsprillium sp. B501 は栽培イネより野生イネで多く増殖する 安部 匡
(農環研)
阿部
電話 838-8315
牧野
電話 838-8314
内容

発表要旨:イネにおけるバクテリアエンドファイトの利用のための基礎的知見を得るために野生イネ Oryza officinalis より分離された窒素固定バクテリアエンドファイトのイネへの接種試験を行いイネとの親和性について検討した。その結果、野生イネは栽培イネと比較して接種後の内生菌数が多く親和性が高いことが示唆された。

生態系計測研究領域セミナー
平成21年度(第1回)

日時: 7月17日(金) 13:30~14:00
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
「フリー」なGISソフトウェア,FOSS4Gの紹介
Introduction of FOSS4G, Free Opensource software for Geospatials
嘉山 陽一
(OSGeo財団日本支部 監事)
岩崎
電話 838-8226
内容

近年,地理情報システム(Geographic Information System, GIS)の調査,分析における利用は一般的になっています。さらに,研究分野での利用だけではなく,一般を対象とした様々な情報の公開や収集の場面での活用も進んでいます。このなかでFOSS4G(Free Open Source Software for Geospatial)とよばれる各種ソフトウェアは,無料で入手することができ,さらに独自の改良や再配布が可能なことから,国内外を問わず,急速に利用が拡大しています。本セミナーでは,これらのFOSS4Gツールについて紹介いただくとともに,様々な分野での活用事例についてご報告頂きます。

なお,本セミナー修了後には,FOSS4Gツールの一つであるQuantum GISを使用して,デスクトップGISの利用実習を開催する予定です。そちらの方に参加希望の方にも参加希望の方は,セミナー担当者までご連絡頂くよう,お願いします。メールアドレスはniwasaki at affrc.go.jp(atを@に変えて下さい)になります。

第502回 気象談話会

日時: 平成21年7月23日(木) 15:30~17:15
場所: 547会議室
テーマ 講演者 連絡先
High nighttime temperature:
a hidden stress for rice crop
Dr. Rebecca C. LAZA
(International Rice Research Institute, JSPS
Invitation Fellowship for Research at NIAES)

電話 838-8435
内容

Global climate change will have profound effects on rice production and the livelihood of rice farmers. Rising air temperature or more frequent occurrence of extreme heat or drought brought about by shifts in weather patterns may increase crop yield losses. Minimum temperature increased about twice as maximum temperature over global land areas since 1950 (0.204 vs. 0. 141 per decade). Earlier findings at IRRI showed that annual mean maximum temperature increased by 0.35°C and minimum temperature by 1.13°C and that rice grain yield declined by 10% for each 1°C increase in growing- season minimum temperature in the dry season. Using field growth chambers, preliminary field experiments were conducted in 2006-2007 wet and dry seasons to determine the effect of high night temperature on rice yield and the genotypic sensitivity to high night temperature. Total biomass was reduced by 5-15% in the wet and 3-21% in the dry season. Across seasons, the total number of spikelets per m2 was reduced by high night temperature. Genotypic sensitivity to high night temperature was observed, i.e, the recently- developed variety IR72 was more tolerant to warmer night temperature than the old variety IR8. Percentage reduction in grain yield of IR8 ranged from 3-35% and that of IR72 from -4 to12 %. Field chamber studies with controlled temperature confirmed previous results on the effect of high night temperature based on correlation analysis of historical data sets. Experiments are on- going to elucidate the yield reduction observed and to understand how physiological processes such as respiration and photosynthesis are affected by high night temperature.

このページの先頭ヘ

6月のセミナー セミナーに関するお問合せは各セミナーの連絡先へ直接お願いします 8月のセミナー
独立行政法人 農業環境技術研究所
305-8604 茨城県つくば市観音台 3-1-3
TXイラスト
研究所までの交通案内
広報情報室広報グループ(kouhou@niaes.affrc.go.jp