農業環境技術研究所

最終更新日: 2012年3月14日

NIAESロゴ

3月の公開セミナー

農業環境技術研究所
セミナー開催記録
3月 2日 (金曜日) 有機化学物質研究領域セミナー(平成23年度 第7回)
3月 8日 (木曜日) 第9回生物多様性研究領域セミナー
3月16日(金曜日) 平成23年度 物質循環研究領域セミナー(第5回)
3月26日(月曜日) 平成23年度 物質循環研究領域セミナー(第6回)

有機化学物質研究領域セミナー(平成23年度 第7回)

日時: 平成24年3月2日(金曜日)
15:30~17:00
場所: 5階会議室(547号室)
テーマ 講演者 連絡先
土壌中の残留性有機汚染物質(POPs)の植物への吸収・移行における種間差異 並木小百合
(筑波大学 生命環境科学研究科)
元木
電話 838-8329
要旨

農薬として使用されたPOPsは土壌中に残留しやすく、農作物体中への残留の防止やファイトレメディエーションを目的とした研究がいくつかあるが、それぞれの実験条件が大きく異なり、これらの結果から、土壌中のPOPs吸収における植物種間差を比較することはできないのが現状である。そこで、HCH類、シクロジエン系化合物、DDT類を対象物質とし、6科9種の植物を用いて、土壌中のPOPsの植物への吸収・移行における種間差異の比較を行った。

テーマ 講演者 連絡先
土壌に残留するPOPsを吸収・分解する遺伝子組換えカボチャ作出の試み 七里吉彦
(農業生物資源研究所)
元木
電話 838-8329
要旨

土壌中に残留するPOPsは現在世界各地で深刻な問題となっている。一方、カボチャは土壌のPOPsを効率的に吸収し地上部に移行させる性質があり、POPs汚染土壌のファイトレメディエーションへの利用が期待されている。我々は、吸収・移行したPOPsを植物体内で分解・無毒化する環境修復植物を創出する目的で研究を進めてきた。本セミナーではカボチャ形質転換系の開発、及びHCH分解遺伝子導入組換え植物の機能解析を中心に紹介する。

このページの先頭ヘ

第9回生物多様性研究領域セミナー

日時: 平成24年3月8日(木曜日)
15:00~17:30
場所: 5階会議室(547号室)
テーマ 講演者 連絡先
Clonality and nutrient foraging response and their role in plant invasiveness Lidewij Keser
(Univ. Konstanz)
山中
電話 838-8253
要旨

Clonal life-history traits

Invasiveness of plant species can be partly explained by some of their traits. One frequently emerging pattern for floras in different regions is that among exotic plant species, the ones with vegetative reproduction (i.e. clonal plants) are the most invasive. It is not clear however, which aspects of clonality determine the invasiveness of these species. We have tried to elucidate which morphological clonal plant traits (e.g. number of ramets per year, distance between mother and daughter ramets) are associated with species invasiveness using a database approach.

Root foraging response

Plants can adjust root morphology and physiology in response to soil nutrient heterogeneity. Some morphological changes to an increased nutrient concentration can be increases in root biomass, an increase in root length or a decrease in root diameter. Clonal plant species can even place whole new ramets in these nutrient rich patches. This so-called ‘foraging response’ is thought to improve nutrient capture from the soil. The strength of the foraging response is species specific and foraging is thought to promote plant survival and growth. However, it is unknown whether strength of the foraging response is correlated to plant species success or -invasiveness. I will present the results of two foraging experiments in which we investigated the difference in foraging response between invasive and non-invasive plant species. In the first experiment, we looked at the foraging response of clonal plant species. In the second, we looked in more detail at the root foraging response of young plants.

テーマ 講演者 連絡先
Drivers of poplation dynamics in space and time Eelke Jongejans
(Radboud University)
山中
電話 838-8253
要旨

I will introduce my research in general. I focus on the impact of environmental drivers on spatial population dynamics. To understand how ecological and evolutionary processes at the individual level integrate and scale-up to population dynamics is my primary goal. I am currently working on ecological frameworks and on models that can augment the scientific underpinning of conservation, harvest and control management.

テーマ 講演者 連絡先
Phenotypic plasticity and life history trait correlations in structured organisms: an energy budget perspective William A. Nelson
(Queen's Univ)
山中
電話 838-8253
要旨

ネルソンさんには、室内水槽実験系を使った表現型可塑性の進化実験とそれを説明するための精緻なシミュレーションモデルについて解説していただくのと同時に、Queen's 大学の研究環境などについて紹介していただく予定です。

平成23年度 物質循環研究領域セミナー(第5回)

日時: 平成24年3月16日(金曜日)
15:30~
場所: 5階会議室(547号室)
テーマ 講演者 連絡先
北海道根釧地域における飼料畑の環境保全的肥培管理を目指して 八木哲生
((独)北海道総合研究機構 農業研究本部 根釧農業試験場)
中村
電話 838-8323
要旨

近年、根釧地域において飼料用トウモロコシの栽培面積が急速に拡大している。飼料用トウモロコシ栽培における養分投入量は、同地域の基幹作物である牧草よりも多いため、より省資源・環境保全的な肥培管理技術の開発が求められる。本セミナーでは、根釧農試で現在実施されている同作物畑での家畜ふん尿の利用法、リン酸減肥技術の確立に向けた取り組みについて紹介する。

https://sites.google.com/site/seminarcncd/top-page/new

このページの先頭ヘ

平成23年度 物質循環研究領域セミナー(第6回)

日時: 平成24年3月26日(月曜日)
10:30~
場所: 5階会議室(547号室)
テーマ 講演者 連絡先
環境研究36年 --- 人間活動と窒素循環 新藤純子
(物質循環研究領域長 )
中村
電話 838-8323
要旨

偉そうなタイトルとなりましたが、振り返って見ると環境研究のあまり本流でない分野を細々と歩いてきました。人口が集中し、経済発展の著しい東アジアにおける食料生産の増大が水環境に与える影響や、肥料や畜産から発生するアンモニアが大気を経由して自然生態系の物質循環に影響を与える影響などをテーマに、主として統計データや簡易なモデルを用いた推定を行って来ました。これらに関 連する内外の研究例を見ながら、東アジアの食料生産と窒素循環のこれからや、モデルの役割などについて考えてみたいと思います。
https://sites.google.com/site/seminarcncd/top-page/new

このページの先頭ヘ

2月の公開セミナー セミナーに関するお問合せは各セミナーの連絡先へ
直接お願いします
5月の公開セミナー

(4月の予定はありません)

独立行政法人 農業環境技術研究所
305-8604 茨城県つくば市観音台 3-1-3
TXイラスト
研究所までの交通案内
広報情報室広報グループ(kouhou@niaes.affrc.go.jp