農業環境技術研究所

最終更新日: 2013年4月12日

NIAESロゴ

4月の公開セミナー

農業環境技術研究所
セミナー開催記録

4月4日(木曜日) 第532回気象談話会

4月22日(木曜日) 生物生態機能研究領域セミナー

第532回気象談話会

日時: 平成25年4月4日(木曜日)
13:30~
場所: 農環研本館5F、547会議室

テーマ 講演者 連絡先
Effects of recent hot summers on spikelet fertility and grain quality of some rice cultivars in the central part of Kanto region, Japan USUI Yasuhiro
福 岡
電話 838-8205
要旨

Recently, extreme hot summers occur more frequently notably in the central part of Kanto region, and some adverse impacts on rice production are becoming apparent. For example, the highest temperature on record was recorded in mid-August 2007 at many weather stations in Central Japan, where we observed higher-than-usual spikelet sterility. Severe reduction in appearance quality occurred in 2010, the hottest summer ever in Japan. Kumagaya-city of Saitama Prefecture and Tatebayashi-city of Gumma Prefecture are known to be the hot spots, where extreme high temperatures are recorded almost every year, but how these heat events influence reproductive processes is not clear. In this study, we examined variation in grain setting, grain filling and apparent quality of a few rice cultivars commonly planted at different timings at the two experimental stations in the 2011 and 2012 growing seasons.

テーマ 講演者 連絡先
Low nitrogen fertilization elevates rice panicle temperature through the micrometeorological change of plant canopy YOSHIMOTO Mayumi
福 岡
電話 838-8205
要旨

Frequent occurrence of immature rice grains in recent hot summers is possible to be due to low nitrogen (N) fertilization concerning of rice taste. Spikelet sterility rate as well of field-grown rice exposed to high temperatures at flowering is reported to have increased as N application rate was lower. Thus, N application is a key management for avoiding heat stress as well as promoting plant growth. While, the panicle transpirational conductance is one of the deterninants of panicle temperature (Tp) via evaporative cooling of panicles as organs sensitive to heat. Low N fertilization might exacerbate heat stress through the change of transpiration of panicles as well as negative influence from plant physiological traits. We conducted field experiments with different N treatments, where plant transpirational characteristics, micrometeorology and canopy structure were measured. And by applying the measured factors to the Tp model (IM2PACT), we quantified the effects of low N on Tp through the changes of their factors. The Tp was estimated to be elevated by low N by more than 1 C at most under typical weather condition in Tsukuba.

このページの先頭ヘ

生物生態機能研究領域セミナー

日時: 平成25年4月22日(月曜日)
15:30~17:00
場所: 453室

テーマ 講演者 連絡先
X線結晶構造解析を目指したタンパク質の精製と結晶化方法 佐藤 優花里
千田俊哉
(KEK 物構研 PF 構造生物研究センター)
岡田
電話 838-8307
要旨

X線結晶構造解析により、タンパク質の三次元構造を原子レベルで解明するためには、タンパク質分子が規則正しく並んだ結晶を得る必要がある。しかしな がら、タンパク質分子の熱振動性や分子相互作用が、タンパク質の精製や結晶化の弊害となることがある。結晶化が困難だった根粒菌由来の環境汚染物質分解酵素DbjAと、現在研究を進めているヒトhistone gene repressor A(HIRA)に関する実験結果をもとに、結晶化の過程で起こる問題の解決方法について議論する。

テーマ 講演者 連絡先
胃がんを引き起こすピロリ菌の発がんタンパク質CagAのX線結晶構造解析 千田俊哉
(KEK 物構研PF 構造生物学研究センター/JST)
岡田
電話 838-8307
要旨

ピロリ菌が産生するCagAは、胃がんの発症に関係するタンパク質である。CagAはIV型分泌機構により胃上皮細胞内に侵入して細胞の内膜上に局在し、細胞内の様々なシグナルタンパク質と複合体を形成して正常な分裂・増殖シグナルを撹 乱し、胃がんを誘発すると考えられている。CagAによるシグナル撹乱の分子機構解明を目指し、C末部分の天然変性領域を除いたCagAのN末領域(CagA-N)の結晶構造を決定した。その結果、CagA-Nには塩基性パッチが存在し、細胞膜内のフォスファチジルセリンと相互作用して局在を決定していることが示された。さらに、C末端部分の天然変性領域一部が、CagA-N領域の一部と相互作用をすることで投げ縄状のループが形成されることが明らかとなった。このループ構造はCagAと細胞内のシグナル分子群との複合体形成を安定化することが分かった。
Reference Hayashi et al. (2012) Cell Host & Microbe. 12, 20-33.

このページの先頭ヘ

3月の公開セミナー セミナーに関するお問合せは各セミナーの連絡先へ
直接お願いします
5月の公開セミナー
独立行政法人 農業環境技術研究所
305-8604 茨城県つくば市観音台 3-1-3
TXイラスト
研究所までの交通案内
広報情報室広報グループ(kouhou@niaes.affrc.go.jp