農業環境技術研究所

最終更新日: 2014年3月14日

NIAESロゴ

3月の公開セミナー

農業環境技術研究所
セミナー開催記録

3月13日(木曜日) 統計GISセミナー

3月24日(月曜日) 第8回生物多様性研究領域セミナー

3月26日(水曜日) 第543回気象談話会

統計GISセミナー

日時: 平成26年3月13日(木曜日)
13:30-15:30頃まで
場所: 547会議室

テーマ 講演者 連絡先
「多重比較法(2)」
レベル:初級~中級
三輪哲久 氏 大東
電話 838-8224
要旨

13:30-14:30 前回の復習
 前回,都合で出席できなかった方もいらっしゃるので,多重比較の考え方について,復習します(前回出席した人は出る必要はありません)。

14:30-15:30 第2部(SASによる計算例,対照処理との比較など)
前回に引き続いて,対照処理との比較などの多重比較手法を説明します。また,SASによる解析例を示します。テキストは,前回使用のものと同じです。

 

多重比較についての前回のアブストラクト:
 分散分析のF検定では,処理の間に何らかの違いが有るということが分かるだけであり,実験データの解釈としては不十分です。そこで,得られた実験データに対して,いろいろな検定を適用することがよくあります。このとき,検定を複数回行なう場合には,多重比較法(multiple comparison procedures) を使うべきであると(論文のレフリーなどから)よく指摘されます。また,統計パッケージも多くの多重比較手法を提供しています。たとえば,SASでは  Bonferroni, Duncan, Dunnett, LSD, REGW, Tukey, ...などのオプションが提供されています。今回のセミナーでは,多重比較手法について,基礎的な考え方から説明するとともに,いくつかの実例について解析法を示します。

 

次年度について,要望があればご連絡ください。

このページの先頭ヘ

第8回生物多様性研究領域セミナー

日時: 平成26年3月24日(月曜日)
10:30~
場所: 547会議室

テーマ 講演者 連絡先
遺伝子組換え植物研究に携わって感じたこと 松尾和人
(農業環境技術研究所 生物多様性研究領域)
徳岡
電話 838-8245
要旨

私の遺伝子組換え植物研究は、常に「カルタヘナ法」と「第1種使用規 程承認組換え作物栽培実験指針」のもと、これらの決まりに抵触し ないかどう かを意識して行ってきました。その間に、農環研一般ほ場での除草剤耐性遺伝子 組換えナタネや同ダイズ栽培実験のための一般説明会などで一般の人達の前で実験の内容や意義を説明したり、茨城県鹿島港での遺伝子組換えナタネの生育調査の結果を関係する行政部局に説明しました。それらの経験を通じて感じたことの一つは、我々が必要だと思って行っている研究やその結果が有用だと思ってもなかなか一般の人達には理解 してもらえない「もどかしさ」でした。今回のセミナーでは、当時の遺伝子組換え植物についての国際的な傾向や我が国での事情を振り返りながら私の遺伝子組換え植物研究についてご紹介したいと思います。

このページの先頭ヘ

第543回気象談話会

日時: 平成26年3月26日(水曜日)
13:30~
場所: 農環研本館5F、547会議室

テーマ 講演者 連絡先
Performance of the flow-through-chamber technique to estimate NO and N2O emission rates of agricultural volcanic soil in laboratory YONEMURA Seiichiro 桑形
電話 838-8202
要旨

Flow-through-chamber technique has several merits in comparison with closed-chamber technique regardless of its complexity and several scientific groups have developed the kind of measurement systems so far. However, information of the careful tests of the systems is not fully documented and most of agricultural researchers do not use such kind of systems. We applied our flow-through chamber system to measurements of NO and N2O exchanges by agricultural soil in laboratory and carefully checked the methodology. The NO and N2O emission rates estimated by the flow-through-chamber technique corresponded well with those by the closed-chamber technique within 10% and were not influenced by the flow rate flushing through chambers. Strong stirring of soil by the fan resulted in a little (6%) increase of NO emission but no significant increase in N2O emission. Unexpectedly, the NO and N2O emission rates per unit soil were smaller or larger with increases in soil weight, respectively. However, further from the dependence of NO emission rate on NO concentration itself, we calculated both production rate (45.4 ngN g-1 h-1) and consumption rate (0.24x10-5 m3 kg-1 s-1) of NO over initial 3.5 days after N application, which show compensation concentration of 9. 3 ppm. The simultaneous estimation of production and consumption rates of NO is very difficult by the closed-chamber technique but was found to be possible by simply changing soil weight in our system.

テーマ 講演者 連絡先
Impacts of mass transport through ponded water in a paddy field on the atmosphere near the water surface USUI Yasuhiro 桑形
電話 838-8202
要旨

Many physical, chemical, and biological phenomena take place in the ponded water of a paddy field. It is important to capture directly the feature of these phenomena which vary from hour to hour. It is thought to have an impact on the surround environment because paddy field area has a large proportion of crop land. However, until recently, a lack of proper instrumentation made difficult to do continuous measurement. Presenters have been working on development of measuring technique and its measurement for physical phenomena at the paddy field. In this presentation, I will give an explanation about these measuring techniques and past measurements achievements.

このページの先頭ヘ

2月の公開セミナー セミナーに関するお問合せは各セミナーの連絡先へ
直接お願いします
4月の公開セミナー
独立行政法人 農業環境技術研究所
305-8604 茨城県つくば市観音台 3-1-3
TXイラスト
研究所までの交通案内
広報情報室広報グループ(kouhou@niaes.affrc.go.jp