農業環境技術研究所トップページ法人情報職員採用情報

この募集は終了しました

研究職員 (パーマネント研究員) 募集要領


独立行政法人農業環境技術研究所
平成20年3月18日

独立行政法人農業環境技術研究所では、下記研究職員の募集を行っております。

1. 予定担当業務

農業生態系における温室効果ガスフラックスの変動要因の解明と広域評価

2. 研究業務内容

京都議定書第二約束期間に向けて、農業生態系における温室効果ガス収支の定量化が喫緊の課題となっている。農耕地のガスフラックスは、気象、植物、土壌等の環境要因に加えて、農業活動という人為的な影響を受けて変動する。近年、ガスフラックスの時間的、空間的な変動を把握するための長期観測ネットワークを通して、モンスーンアジアにおけるデータが整備されつつある。そこで、この観測の一翼を担いつつ、長期観測データや生態系モデルを利用した解析により、ガスフラックス(とくに炭素収支)の時空間変動とその要因を解明し、モンスーンアジアの農業生態系における広域評価を行う。

【キーワード】 タワーフラックス観測、陸域生態系モデル、炭素循環、温室効果ガス、モンスーンアジア、水田

3. 応募条件

・ 博士の学位を有し、研究所、大学等の機関において当該分野の十分な研究経験と業績を有する、中堅の研究者

・ 国内やアジア諸国との共同研究に意欲的に取り組み、リーダーシップを発揮できる者

4. 採用予定職・人員

主任研究員 ・ 1名

5. 着任時期

平成20年10月1日からなるべく早い時期

6. 提出書類

1) 履歴書 (市販のA4判用紙に手書きし、写真を貼付すること)

2) 研究業績報告

これまでの研究内容の要約 (A4判1枚、書式自由)、及び業績リスト (記載例 [PDF file] に従って記載)

3) 主要論文の別刷りまたはコピー (5編以内)

4) 仕事に対する抱負 (A4判1枚、書式自由)

5) 照会先リスト (2名)

6) 書類受理通知等連絡先としての 「E-mail アドレス」 または 「返信用葉書」 (宛名記載のこと)

※ 応募書類は返還しません

7. 給与

農業環境技術研究所の規程に基づき決定

(詳細はお問い合わせ下さい)

8. 書類提出先

〒305−8604
茨城県つくば市観音台3−1−3
独立行政法人農業環境技術研究所
総務管理室 小山英也

9. 応募締め切り

平成20年5月16日(金)   (必着)

10. 選考方法

1) 書類審査 平成20年5月下旬

2) 面接審査 平成20年6月 (予定)

(面接の際に応募者の今までの研究業績及び採用された場合の抱負に関して、15分程度のプレゼンテーションをしていただきます)

11. 問い合わせ先

・ 研究業務内容

長谷部 亮 (研究統括主幹)  029-838-8143 E-mail: hasebe@niaes.affrc.go.jp

・ その他(提出書類等)

小山 英也 (総務管理室主査) 029-838-8156 E-mail: oyama@niaes.affrc.go.jp

この募集は終了しました

農業環境技術研究所