野菜類におけるダイオキシン類の汚染軽減方策


[要 約]
野菜類の残留ダイオキシン類は土壌粒子と大気粉塵の付着が主原因である。ダイオキシン類の汚染は,葉部についてはマルチやトンネル栽培法によって,根部については皮をむくことで軽減される。
[担当研究単位] 農業環境技術研究所 環境化学分析センター 環境化学物質分析研究室
[分 類] 行政

[背景・ねらい]
環境中に排出されたダイオキシン類は大気や水等を介して土壌中に蓄積されやすく,農地土壌や作物の汚染を引き起こすおそれがある。しかし,これらに関連する国内外の知見は極めて少く,特に,土壌中ダイオキシン類の農作物への吸収・移行に関する研究事例はほとんどない。
  本研究ではニンジンを用いて葉部および根部から検出されるダイオキシン類を栽培土壌および大気のダイオキシン類濃度および組成と比較検討し,農作物におけるダイオキシン類による汚染機構を明らかにする。さらに汚染濃度の軽減法について検討する。
[成果の内容・特徴]
  1. 栽培土壌および大気とニンジンの各部位におけるダイオキシン類異性体種の主成分分析を行った結果,葉部は主に大気の影響を,根部の皮と内部はわずかながら土壌の影響を受ける傾向を示した(図1)
  2. ニンジンの葉部のダイオキシン類濃度は露地栽培>マルチ栽培>トンネル+マルチ栽培の順であった(図2)。この結果から,葉部を可食部とする葉菜類に関してはマルチ栽培かトンネル+マルチ栽培法でダイオキシン類の汚染が軽減されることが明らかになった。
  3. ニンジンの根部の皮表面には水洗浄しても除去困難な土壌粒子が付着しており,これらがダイオキシン類残留濃度に寄与することが判明した(図3)
  4. ニンジンの根部の皮をむくことでダイオキシン類の汚染濃度が大幅に減少した(表1図2)。
[成果の活用面・留意点]
  1. 本研究から得られたニンジンの可食部(根部)におけるダイオキシン類の濃度は農水・厚生労働・環境省での実態調査結果の範囲に入っており,この値では健康に対する影響がないとされている。
  2. わが国では,ダイオキシン類の耐容一日摂取量(TDI:長期にわたり体内に取り込むことにより健康影響が懸念される化学物質について,その量までは人が一生にわたり摂取しても健康に対する有害な影響が現れないと判断される1日体重1kg当たりの摂取量)を4pg(ピコグラム)と設定している。

[その他]
 研究課題名 : 野菜等農作物のダイオキシン類による汚染機構の解明
 予算区分  : 行政対応特研[ダイオキシン]
 研究期間  : 平成13年(平成11年〜13年度)
 研究担当者 : 殷熙洙,上路雅子
 発表論文等 : 1)殷熙洙,他,ニンジンのダイオキシン類暴露に関する研究(I)「栽培法による差異」,
               第3回環境ホルモン学会研究発表会要旨集,352,(2000)
               2)殷熙洙,他,農作物におけるダイオキシン類吸収・移行に関する研究(I)「ニンジンでの吸収・移行」,
               第10回環境化学討論会要旨集,206-207,(2001)

目次へ戻る