日本野生植物寄生・共生菌類目録の作成とWeb上での公開


[要 約]
 日本で報告された95科1626種の野生草本植物に寄生あるいは共生する312属1302種の菌類の学名,異名,文献等を初めて目録化した。これを菌名および植物名から検索可能なデータベースとして,48菌種の画像および標本情報を含む糸状菌類図鑑と共にWeb上で公開した。
[担当研究単位] 農業環境技術研究所 農業環境インベントリーセンター 微生物分類研究室
[分 類] 学術

[背景・ねらい]
 野生草本植物上には膨大な数の糸状菌および細菌類が寄生,共生あるいは生息するが,日本でこ れまで報告されたこれら菌類について体系的に目録化されたことはない。そこでこれら菌類を目録化し,さらに外部に情報を提供するため,目録を各菌種の画像および農環研所蔵標本情報と合わせてデータベース化してWeb上で公開する。
[成果の内容・特徴]
  1. 1910年代から2002年にかけて日本で報告された95科1626種の野生草本植物に寄生,共生あるいは生息するサビ菌,クロボ菌,エンドファイトなど312属1302種の糸状菌および細菌の学名,異名,文献等を発生状況等を含めて記載し,日本野生植物寄生・共生菌類目録(農環研資料)として発行した。
  2. この目録をデータベース化して,公開した(http://www.naro.affrc.go.jp/archive/niaes/inventory/microorg/mokuroku/mokuroku.html)。このページは菌名および植物名の一覧表あるいはキーワードにより検索可能で,目的とする菌類の学名,異名,和名および文献名を表示できる(図1)。
  3. 目録化した菌類のうち,糸状菌48種について,学名,分類,発生状況,無性世代ならびに有性世代の画像,病徴画像および農環研所蔵標本リスト等を記載した「日本産糸状菌類図鑑」として公開した(図2)。この情報は菌類目録の検索結果とリンクしており,検索した菌類の一部について画像等を閲覧できる。
[成果の活用面・留意点]
  1. 日本で報告された野生植物上に寄生・共生する菌類を資料あるいはWeb上で検索可能とし,外部からの情報取得を容易にした。
  2. 日本産糸状菌類図鑑としてWeb上で公開した菌類画像および農環研所蔵標本情報等は,ごく一部の菌類に関するものである。
  3. 目録・図鑑の内容充実のため,外部からの菌類の発生状況,画像等の情報提供を歓迎しており,今後これらの情報を提供してもらうためのシステムを作成していく。

[その他]
 研究課題名 : イネ科植物における常在微生物の所在、特性及び遺伝情報のデータベース化とイン
        ベントリーのためのフレーム構築
        (主要イネ科植物に常在する微生物相の分類・同定及び機能解析並びにインベント
        リーのためのフレームの構築)
 予算区分  : 運営費交付金
 研究期間  : 2002年度(2001〜2005年度)
 研究担当者 : 月星隆雄,吉田重信,篠原弘亮,對馬誠也
 発表論文等 : 月星ら,農環研資料,26, 1-169(2002)

目次へ戻る