農業生産に伴う養分収支を都道府県・市町村単位で算出するシステム


[要 約]
 統計情報に基づき,作物生産量,化学肥料の施用量,家畜ふん尿の発生量等を推定し,農地での養分(窒素,リン酸,カリ)収支を都道府県・市町村単位で算出するデータベースシステムを作成する。本データベースシステムによって地域における各種養分による潜在的な環境負荷量を算出できる。
[担当研究単位] 農業環境技術研究所 化学環境部 栄養塩類研究グループ 養分動態ユニット
[分 類] 行政

[背景・ねらい]
 過剰な家畜ふん尿や化学肥料に由来する環境負荷を低減するためには,地域の作物生産量や家畜 ふん尿の発生量,化学肥料の施用量の実態を把握することが重要である。そこで統計情報を元に都道府県・市町村単位で農地での養分(窒素,リン酸,カリ)収支を求めるデータベースシステムを作成する。
[成果の内容・特徴]
  1. データベースシステム(図1)は,地域名を入力することで,インプット量(化学肥料,家畜ふん尿,雨,灌漑水,窒素固定)とアウトプット量(作物生産量,副産物持出し量,脱窒)を算出し,農地での養分収支を表示する。ここで示される過剰な養分は,潜在的な環境負荷量である。
  2. 都道府県・市町村単位の統計情報として農林水産研究計算センターの基礎数値情報に登録されている,1)全都道府県・市町村の1997年の耕地面積,2)70種の作物の作付け面積と生産量,3)5種の家畜の飼養頭羽数,を利用する。統計情報を養分量に換算する係数として,各種作物の養分の含有率,各作物への化学肥料の施用量,家畜のふん尿排出量を,各種文献,農林水産省統計情報部によるアンケート調査の結果,統計資料等から求める。
  3. 畜種別の家畜ふん尿の農地への施用量・廃棄の割合は,統計資料から求める。
[成果の活用面・留意点]
  1. 家畜ふん尿や稲わらといった地域内にある有機物資源量を把握し,地域内での有効利用,地域間流通を促進するための基礎的な情報として利用できる。
  2. 本システムは表計算ソフト(Microsoft EXCEL)を用いて構築した.利用希望者には無償で提供可能である。
  3. 地域間の家畜ふん尿等の移出入は考慮されていない。
  4. 登録されていない作物が栽培されている場合,作物生産量と化学肥料の施用量は低く見積もられる。

[その他]
 研究課題名 : 行政区界レベルでの養分収支に基づく環境負荷リスクの推定
        (土壌・水系における硝酸態窒素等の動態解明と流出予測モデルの開発)
 予算区分  : 環境研究[日韓水質保全]
 研究期間  : 2003年度(2003〜2007年度)
 研究担当者 : 三島慎一郎,松森 信(熊本県農研センター),井上恒久
 発表論文等 : 1)三島ら,日本土壌肥料学会要旨集第49集,10(2003)

目次へ戻る