受賞・表彰2011年

賞の名称:Louis Pasteur Prize 2011(ルイ・パスツール賞 2011)
受賞者:三田和英(昆虫科学研究領域 特任上級研究員)
大会名:22nd Congress of the International Sericultural Commission
(第22回国際養蚕委員会学術大会)
受賞年月日:平成23年12月16日

受賞報告 生物研ニュース No. 44

賞の名称:極限環境生物学会ポスター賞
受賞者:畑中理恵(昆虫機能研究開発ユニット)
受賞演題名:極限乾燥耐性昆虫ネムリユスリカのLEAタンパク質は乾燥時に抗凝集活性を示す
受賞年月日:平成23年11月27日
備考:乾燥耐性研究グループホームページ
極限環境微生物学会2011年度(第12回)年会報告
極限環境生物学会ポスター賞ポスター
賞の名称:日本動物実験代替法学会第24回大会優秀演題賞
受賞者:山口宏之(動物生体防御研究ユニット外来研究員、関東化学(株))
受賞演題名:コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に構築したヒト角膜上皮モデルの有用性:化学物質暴露後の経上皮電気抵抗値の経時変化を指標として眼刺激性を外挿する新しいアプローチ
受賞年月日:平成23年11月12日
賞の名称:貞明皇后記念蚕糸科学賞 (財団法人大日本蚕糸会
受賞者:
元(独)農業生物資源研究所高林 千幸
(独)農業生物資源研究所技術支援室 総括作業長 熊井 敏夫
庶務室 北杜専門職 宮﨑 栄子
丸三綿業(株)宮澤 順
受賞課題名:「布団わた“シルクフィル”の開発とその製品化」
受賞年月日:平成23年11月1日
賞の名称: 蚕糸功労賞 (財団法人大日本蚕糸会
受賞者:昆虫科学研究領域 昆虫微生物機能研究ユニット 上級研究員 宮本 和久
受賞年月日:平成23年11月1日
賞の名称:蚕糸有功賞 (財団法人大日本蚕糸会
受賞者:技術支援室技能職員 中村 薫
受賞年月日:平成23年11月1日
賞の名称:日本農芸化学会関東支部若手奨励賞
受賞者:菊田真吾(昆虫機能研究開発ユニット、日本学術振興会 PD )
受賞課題名:昆虫の排泄器官における糖の再吸収に関与するトランスポーターの同定
受賞年月日:2011年10月15日
賞の名称:第60 回 日本応用糖質科学会 ポスター賞
受賞者:鈴木龍一郎(食総研), 鈴木喜大(生物研), 藤本瑞(生物研), 門間充(生物研), 木村啓太郎(食総研), 木村淳夫(北大院農), 舟根和美(食総研)
受賞課題名:環状イソマルトオリゴ糖グルカノトランスフェラーゼの合目的変異導入による生成物特異性の制御
受賞年月日:2011年9月29日
受賞報告 生物研ニュース No. 44
賞の名称:第8回日本植物学会賞特別賞
受賞者:鎌田 博(筑波大学、代表者)
小野 道之(筑波大学)
丹生谷 博(東京農工大学)
大藤 道衛(東京テクニカルカレッジ)
中島 春紫(明治大学)
齋藤 淳一(東京学芸大学附属国際中等教育学校)
佐藤 由紀夫(東京都立新宿高等学校)
正木 春彦(東京大学)
笹川 由紀(農業生物資源研究所)
受賞課題名:遺伝子組換え植物に関する研究基盤構築と理解増進に関する貢献
受賞年月日:2011年9月18日
備考:教育目的遺伝子組換え実験支援者グループ 第8回日本植物学会賞 特別賞を受賞(記事)
賞の名称:アジア菌学会優秀ポスター賞(Outstanding Poster Presentation Award)
AsianMycological Congerss 2011(AMC2011,2011年アジア菌学会議)
受賞者:植松 清次(千葉県農林総合研究センター)
景山 幸二(岐阜大学流域圏科学研究センター)
森脇 丈治(富山県農林水産総合技術センター園芸研究所)
佐藤 豊三(遺伝資源センター・分類評価研究ユニット)
受賞課題名Re-identification of Gloeosporium carthami (Fukui) Hori et Hemmi and G. chrysanthemi Hori, Based on Morphological and Molecular Characteristics of Authentic Herbarium Specimens (II)
命名者同定腊葉標本の形態的・分子生物学的形質に基づくベニバナ炭疽病菌Gloeosporium carthami (Fukui) Hori et Hemmiとシュンギク炭疽病菌G. chrysanthemi Horiの再同定(第2報)
研究集会名:Asian Mycological Congress 2011 with 12th International Marine and Freshwater Mycology Symposium (2011年アジア菌学会議および第12回 海洋・淡水菌学国際シンポジウム)
研究集会開催地:大韓民国 仁川
研究集会開催期間:2011年8月7-11日
受賞年月日:2011年8月10日
アジア菌学会優秀ポスター賞ポスター
賞の名称:4th International Symposium of Environmental Physiology of Ectotherms and Plants(ISEPEP4) Second best tald award(Session 1-4)
(第4回外温動植物の環境生理学に関する国際シンポジウム セッション1~4における2番目のベスト口頭発表賞)
受賞者:コルネット・リシャー(昆虫機能研究開発ユニット、任期付研究員)
受賞課題名:Adaptation to extreme environments and small genome size in Chironomids
(ユスリカの極限環境適応と非常に小さいゲノムサイズについて)
受賞年月日:2011年7月22日
賞の名称:高分子学会若手ポスター賞  2011第1回NMR研究会
受賞者:橋本 朋子(新機能素材研究開発ユニット・特別研究員 )
受賞課題名:固体NMR測定によるシルクフィブロインスポンジ構造の評価
受賞年月日:2011年5月13日
高分子学会若手ポスター賞ポスター
賞の名称:2011年度 読売テクノ・フォーラム ゴールド・メダル賞
受賞者:福岡 修一(イネゲノム育種研究ユニット 主任研究員)
受賞対象:いもち病の量的抵抗性遺伝子の発見と活用
受賞年月日:2011年4月13日
賞の名称:日本育種学会奨励賞
受賞者:佐藤 豊(農業生物先端ゲノム研究センタ ゲノムリソースユニット)
受賞課題名:葉老化に関する分子遺伝学的研究
受賞年月日:2011年3月29日
受賞報告 生物研ニュース No. 44
賞の名称:日本育種学会論文賞
受賞者:江花 薫子(QTLゲノム育種研究センター、現多様性活用研究ユニット)
米丸 淳一(QTLゲノム育種研究センター、現イネゲノム育種研究ユニット)
福岡 修一(QTLゲノム育種研究センター、現イネゲノム育種研究ユニット)
岩田 洋佳(中央農業総合研究センター、現東京大学大学院)
金森 裕之(農林水産先端技術研究所)
並木 信和(農林水産先端技術研究所、現三菱スペース・ソフトウエア株式会社)
長崎 英樹(QTLゲノム育種研究センター、現国立遺伝学研究所)
矢野 昌裕(QTLゲノム育種研究センター長、現農業生物先端ゲノム研究センター長)
受賞課題名:Genetic structure revealed by a whole-genome single-nucleotide polymorphism survey of diverse accessions of cultivated Asian rice (Oryza sativa L.)
多様な栽培イネのゲノムワイド一塩基多型(SNP)と集団構造解析
掲載号・頁:Breeding Science 60 (4): 390-397 doi:10.1270/jsbbs.60.390
受賞年月日:2011年3月25日
(第119回日本育種学会講演会が、震災のため中止となりましたので、受賞委が正式に通知されたのが5月中旬になりました。ただし、記録上の受賞日は3月25日となっております。)
賞の名称:日本蚕糸学会賞
受賞者:町井博明 (遺伝子組換え研究センター長)
受賞対象:クワの不定芽培養系の確立とその利用技術の開発
受賞年月日:平成23年3月20日
賞の名称:日本蚕糸学会進歩賞【奨励賞】
受賞者:寺本英敏(新機能素材研究開発ユニット・主任研究員)
受賞対象:Cloning of Bombyx mori phenylalanyl-tRNA synthetase and the generation of its mutant with relaxed amino acid specificity
受賞年月日:平成23年3月20日
賞の名称:日本蚕糸学会進歩賞【奨励賞】
受賞者:志村幸子(昆虫機能研究開発ユニット・主任研究員)
受賞対象:Spatial and temporal changes of mitotic activity in the epidermis during larval development of the silkworm, Bombyx mori
受賞年月日:平成23年3月20日
賞の名称:畜産技術協会賞
受賞者:
ブタゲノム情報活用による優良種豚開発グループ
【代表】粟田崇(家畜ゲノム研究ユニット長)
【ブタゲノム情報基盤構築チーム】
上西博英a,小川智子a,濵島紀之a,新開浩樹a,両角岳哉b,鈴木恒平b,土岐大輔b,松本敏美b,奥村直彦b
【経済形質関連遺伝子座探索チーム】
美川智a,谷口雅章a,林武司c,金谷奈保恵b,美川亜弓b,新居雅宏d,山口倫子e,西田浩司f,吉岡豪g,柴田昌利h
【優良種雄豚造成チーム】
吉岡豪g,今枝紀明g,柴田昌利h,堀内篤h,井手華子h
【所属先】
a(独)農業生物資源研究所,b(社)農林水産先端技術産業振興センター,c(独)農業・食品産業総合研究機構中央農業総合研究センター,d 徳島県立農林水産総合技術支援センター,e 千葉県畜産総合研究センター,f 神奈川県農業技術センター畜産技術所,g 岐阜県畜産研究所,h 静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
受賞対象:ブタゲノム情報基盤の構築と活用による優良種豚造成法の開発
受賞年月日:平成23年6月
備考:(社)畜産技術協会 畜産技術協会賞 受賞者一覧
賞の名称:NIAS研究奨励賞
受賞者:
  • 藤本瑞 (植物科学研究領域タンパク質機能研究ユニット 主任研究員)
    【植物多糖分解酵素の分解作用機構の解明】
  • 亀田恒徳(昆虫科学研究領域絹タンパク素材開発ユニット 主任研究員)
    【新たなシルクタンパク質素材としてのホーネットシルクの開発】
受賞年月日:平成23年1月11日(火)
賞の名称:NIAS創意工夫賞
受賞者:
  • 白石正毅(庶務室参事(前管理室参事))
    【予定価格作成におけるSE労務費の積算方法の改善とマニュアル化】
    【研究の重点化に伴う資産処理業務の効率的な推進】
受賞年月日:平成23年1月11日(火)
集合写真
平成22年度農業生物資源研究所NIAS賞表彰 平成23年1月11日)

《過去の受賞・表彰》

↑PAGE TOP