トップページ>研究課題>園芸作物の有用遺伝子の同定とDNAマーカーの開発

HOR

2017年5月30日更新

園芸作物の有用遺伝子の同定とDNAマーカーの開発 (略称:園芸遺伝子)

概要

園芸作物においてDNAマーカー選抜育種技術による効率的な新品種開発を行うために、国内生産量が多くゲノム解析が進展している作目を対象にして、生産安定性の確保、省力低コスト化、良品質や良食味性、加工適性、機能性成分、重要病害に対する抵抗性などに関わる有用遺伝子もしくは遺伝子領域を同定してDNAマーカーを開発する。

研究目的

園芸作物では、その特有の多様性から求められる形質も様々であり、土壌病害や虫媒性ウイルス病などの重要病害に対する抵抗性、生産安定性の確保および省力低コスト化に資する果菜類の単為結果性や果樹のカラムナー性などの生理形態学的形質、消費者や産業界への訴求効果が高い良食味性や加工適性、易剥皮性などの品質・機能性成分関連形質など多岐にわたっている。本研究では、これら重要形質を司る有用遺伝子の単離同定とDNAマーカー開発を目的とする。

達成目標

  1. 野菜では、きゅうりの黄化えそ病抵抗性、はくさいの根こぶ病抵抗性、トマト及びなすの単為結果性、だいこんの辛み成分特性等に関わる遺伝子または遺伝子領域を同定し、新品種の開発に利用可能なDNAマーカーを開発する。
  2. 果樹では、りんごの斑点落葉病抵抗性、カラムナー性、くりの易渋皮剥皮性等に関わる遺伝子または遺伝子領域を同定し、新品種の開発に利用可能なDNAマーカーを開発する。

研究内容

  1. キュウリの黄化えそ病抵抗性遺伝子、ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子、ナス単為結果性遺伝子、ナスの花粉稔性回復遺伝子、ダイコンのグルコシノレート含量を制御する遺伝子、リンゴ斑点落葉病とナシ黒斑病罹病性原因遺伝子、リンゴのカラムナー遺伝子、ニホングリ易渋皮剥皮遺伝子、ブドウべと病抵抗性では、マップベースクローニング法によりDNAマーカーを開発する。
  2. 超並列シークエンサーと花粉への変異原処理により、トマト単為結果性およびトマト黄化葉巻病抵抗性に関与する新規変異体の獲得と遺伝子単離によるDNAマーカー開発を行う。
  3. 代謝経路関連遺伝子の発現制御機構解明により、ニホンナシ果実の糖組成に関わるDNAマーカーを開発する。

↓図をクリックすると、新しいウインドウで、大きな図が開きます

HOR概略図

実施課題一覧(〜平成29年度)

↓課題番号をクリックすると、各実施課題の研究成果を見ることができます

課題番号 実施課題名 課題責任者 所属機関
HOR1001 マップベースクローニング法によるキュウリの黄化えそ病抵抗性遺伝子の単離 農研機構 野菜花き研究部門
HOR1002 ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子の単離 岩手大学
HOR1003 トマト単為結果性およびトマト黄化葉巻病抵抗性に関与する新規遺伝子の単離 農研機構 野菜花き研究部門
HOR1004 ナス単為結果性を制御する原因遺伝子の単離 農研機構 野菜花き研究部門
HOR1005 ナスにおける花粉稔性回復遺伝子の単離 京都産業大学
HOR1006 ダイコンのグルコシノレート含量を制御する遺伝子の単離 農研機構 野菜花き研究部門
HOR2001 アルタナリア病原菌と宿主植物との分子病理学的解析によるリンゴ斑点落葉病およびナシ黒斑病罹病性原因遺伝子の単離 農研機構 果樹茶業研究部門
HOR2002 リンゴの省力栽培に適したカラムナー性樹形を制御する原因遺伝子の単離 農研機構 果樹茶業研究部門
HOR2003 カンキツのβ−クリプトキサンチン高含有化のための遺伝子単離 (平成27年度終了) 果樹研究所
HOR2004 ニホングリ易渋皮剥皮遺伝子の単離 農研機構 果樹茶業研究部門
HOR2005 ニホンナシ果実の糖組成に関するDNAマーカーの開発 京都府立大学
HOR2006 ブドウべと病抵抗性のDNAマーカー開発 農研機構 果樹茶業研究部門
Copyright © All rights reserved.