トップページ > 遺伝子組換え作物のほ場試験 > 生物研一般ほ場における遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年) > 生物研一般ほ場における遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年6月10日撮影)

生物研一般ほ場における
遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年)


2015年6月10日(水曜日)

遺伝子組換えダイズとトウモロコシの生育状況

6月5日に播種したダイズとトウモロコシの芽が出始めました。2粒ずつ種を播いたので、芽も2本ずつ出ています。これからの時期は昆虫の活動も活発になってきます。害虫被害の状況を見ながら、適宜害虫防除を行う予定です。
 (遺伝子組換えダイズ:高オレイン酸含有及び除草剤耐性ダイズ。遺伝子組換えトウモロコシ:害虫抵抗性及び除草剤耐性トウモロコシ。)

1.遺伝子組換えダイズの様子。

2.遺伝子組換えトウモロコシの様子。

3.非遺伝子組換えトウモロコシの様子。

写真をクリックすると大きい写真が表示されます。

ページトップへ