トップページ > 遺伝子組換え作物のほ場試験 > 生物研一般ほ場における遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年) > 生物研一般ほ場における遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年8月7日撮影)

生物研一般ほ場における
遺伝子組換えダイズおよびトウモロコシの生育状況(2015年)


2015年8月7日(金曜日)

遺伝子組換えダイズとトウモロコシの生育状況

ダイズは花が終わり、「さや」ができはじめました。
トウモロコシは雄花・雌花とも開花中です。遺伝子組換えトウモロコシについては、雄花を抜き取り除雄を行っています。また、非遺伝子組換えトウモロコシの無除草・無防虫区ではアワノメイガによる食害が見られます。
(遺伝子組換えダイズ:高オレイン酸含有及び除草剤耐性ダイズ。遺伝子組換えトウモロコシ:害虫抵抗性及び除草剤耐性トウモロコシ)

遺伝子組換えダイズ

1. 遺伝子組換えダイズ(非選択性除草剤(ラウンドアップ)散布区)の様子。

遺伝子組換えダイズ

2. 遺伝子組換えダイズ(慣行除草区)の様子。

遺伝子組換えダイズ

3. 遺伝子組換えダイズ(無除草区)の様子。

遺伝子組換えダイズ

4. 遺伝子組換えダイズ(非選択性除草剤(バスタ)散布区)の様子。

遺伝子組換えダイズ

5. 遺伝子組換えダイズの「さや」。

遺伝子組換えトウモロコシ

6. 遺伝子組換えトウモロコシ(慣行除草・無防虫区)の様子。頂端にある雄花を抜き取っているため、非組換えより背が低く見えます。

遺伝子組換えトウモロコシ

7. 遺伝子組換えトウモロコシ(非選択性除草剤(ラウンドアップ)散布・無防虫区)の様子。

非遺伝子組換えトウモロコシ

8. 非遺伝子組換えトウモロコシ(慣行除草・慣行防虫区)の様子。

非遺伝子組換えトウモロコシ

9. 非遺伝子組換えトウモロコシ(無除草・無防虫区)の様子。 折れた茎が見られます。

アワノメイガによる食害

10. アワノメイガによる食害(2つの穴)。

アワノメイガによる食害

11. 10の実の皮をむいたところ、アワノメイガの幼虫がいました。

 

写真をクリックすると大きい写真が表示されます。

ページトップへ