トップページ>遺伝子組換え作物のほ場試験(及びカイコの飼育) > 生物研大わし地区隔離飼育区画における緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコの生育状況(2015年) > 生物研大わし地区隔離飼育区画における緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコの生育状況(2015年9月15日撮影)

生物研大わし地区隔離飼育区画における緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコの生育状況


2015年9月15日(火)

カイコの様子

 4月24日に一般説明会を開催した、遺伝子組換え緑色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコは、9月4日に第一種使用等(3回目)を開始しました。今日(9月15日)は上蔟(じょうぞく)し始めました。飼育実験の詳細については、飼育実験計画書をご確認ください。
註 上蔟(じょうぞく): カイコの5齢幼虫が繭(マユ)を作り始める事。「蔟」は「まぶし」(写真4,5)とも読みます。まぶしに上がってマユを作るので、「上蔟」です。

1. 桑葉に被せたネットの表面に
上蔟した幼虫が登ってきます。
これを拾い上げます。

2. 上蔟した幼虫を残渣から
拾い上げる様子。

3. 容器に移された幼虫の様子。

4. 「まぶし」に幼虫を移すところ。

5. まぶしでマユを作り始めたところ。

写真をクリックすると大きい写真が表示されます。

ページトップへ