放射線育種場トップページ > 常陸大宮地区(施設の概要)

施設の概要

常陸大宮地区

大宮マップ

常陸大宮地区案内図 →

放射線育種場

放射線育種場は、放射線により誘発された突然変異を利用した作物の品種改良およびその効率的誘発のための基礎研究を行っています。その対象は、種子繁殖、 栄養繁殖作物から木本作物におよび、新品種の育成に貢献する一方、突然変異誘発機構の解明、突然変異誘発技術の開発などの研究を行っています。
さらに、大学、民間企業、都道府県からの依頼を受けて照射を行うとともに、共同研究も活発に進めています。

主要なガンマ線照射施設

ガンマーフィールド

ガンマーフィールド鳥瞰写真

 国内唯一の大型圃場照射施設として、農作物及び果樹・林木等の植物に対して、自然条件下で電離放射線(ガンマ線)を照射し、品種改良のための有用突然変異を誘発するために設置されました。
  半径100mの円形圃場で、周囲を高さ8mの防護用の土堤で囲まれた野外緩照射用施設です。中央には照射塔が設置されています。

ガンマーフィールド照射塔

照射塔近影照射塔遠景

ガンマーフィールド中央に設置され、88.8TBq(テラベクレル)の60Co(コバルト60)線源を装備しています。

ガンマールーム

ガンマールーム外観ガンマールーム内部

作物の突然変異誘発のための室内急照射用の施設で、種子・球根・穂木などを短時間で照射するために使われます。この施設では、44.4TBq(テラベクレル)の60Co(コバルト60)線源を装備しています。

↑PAGE TOP