トップページ男女共同参画 > 「主要な成果」リスト



女性研究員が担当した、生物研「主要な研究成果」

女性研究員が担当した成果のリストです。 生物研「主要な研究成果」全体のリストはこちら

平成23年度

担当:植物科学研究領域・植物共生機構研究ユニット 今泉(安楽)温子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2007−2011
主要研究成果名:根粒菌・菌根菌の共生において共通共生遺伝子CCaMKは中核的機能を果たす
要約:根粒菌・菌根菌の共生に関与する分子メカニズムを明らかにするために、共通共生遺伝子CCaMKの機能を検証した。CCaMKとカルモジュリンの結合は根粒菌の共生にのみ必要であり、また菌根菌感染に重要な細胞内構造の変化がCCaMKによって誘導された。
詳細情報 PDF

平成22年度

担当:植物科学研究領域・光環境応答研究ユニット 宮尾光恵さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2006−2010
主要研究成果名:窒素の有効利用に重要な役割を担うイネ独自の代謝経路の発見
要約:イネは緑葉で働く特有の酵素を持つことを見いだした。本酵素は水田のような湛水環境に適応するための酵素であり、肥料三要素のひとつである窒素の利用に重要な役割を担うことを明らかにした。
詳細情報 PDF

平成21年度

担当:植物科学研究領域・植物・微生物間相互作用研究ユニット 西村麻里江さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2006−2009
主要研究成果名:イネの免疫システムをかいくぐるいもち病菌の感染戦略
要約:植物に侵入したカビの表面(細胞壁)を認識し攻撃する免疫システムがあるが、いもち病菌は、イネが認識できないα−1,3-グルカンで自らの表面をおおいうことによりイネの免疫システムをかいくぐり、感染を可能にしていると考えられる。
詳細情報 PDF

平成20年度

担当:昆虫科学研究領域・昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット 山本公子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2006−2009
主要研究成果名:日中ゲノムデータ統合による高精度カイコゲノム塩基配列の決定
要約:日中のホールゲノムショットガンデータを統合することによって得られたカイコゲノムの8.5倍量の塩基配列断片をアセンブルすることで平均長が3.7Mbのスキャホルドが得られた。このスキャホルドを分子マーカを利用して染色体にマップし、染色体の87%を塩基配列情報でカバーすることができた。
詳細情報 PDF

担当:昆虫科学研究領域・制御剤標的遺伝子研究ユニット 水口智江可さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2005−2008
主要研究成果名:Kruppel homolog 1 (Kr-h1)遺伝子を介した幼若ホルモンの変態抑制制御
要約:コクヌギモドキのKruppel homolog 1 (Kr-h1)遺伝子が、幼虫形質を維持するために必須の因子の一つであることを見出し、幼若ホルモン(JH)は、JH受容体候補遺伝子Methoprene tolerant (Met)を介してKr-h1遺伝子の発現を誘導することで幼虫から蛹への変態を抑制するという、新しいJHの分子作用機構モデルを提唱した。
詳細情報 PDF

平成19年度

担当:植物科学研究領域・遺伝子組換え技術研究ユニット 遠藤真咲さん
主要研究成果の分類:技術開発
研究期間:2002−2007
主要研究成果名:計画的な点変異導入による除草剤耐性イネの作出
要約:除草剤(BS)の標的酵素をコードする遺伝子に対して、ジーンターゲッティング手法を用いてBS耐性形質を与える点変異を導入し、BS耐性のイネを作出することに成功した。また、BS耐性遺伝子(酵素)のみを持つイネは、BSに対して高度な耐性を示すことが明らかとなった。
詳細情報 PDF

担当:昆虫科学研究領域・昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット 山本公子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2006−2009
主要研究成果名:カイコゲノム統合地図
要約:1755個のBACマーカーをマップした高密度BACマーカー連鎖地図を作成した。BACクローン約8万個のフィンガープリントからBACコンティグを作成し、BACマーカーを用いて連鎖地図に貼付け、染色体の76%をBACクローンでカバーするカイコゲノム統合地図を作成した。
詳細情報 PDF

平成18年度

担当:植物科学研究領域・遺伝子組換え技術研究ユニット 遠藤真咲さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2004−2006
主要研究成果名:遺伝子導入とDNA相同組換えを促進する植物の染色体再凝集の遅延
要約:特定の遺伝子の改変を可能にするジーンターゲッティングはDNA相同組換え機構を利用していると考えられている。植物のDNA複製後の染色体再凝集の遅延は、遺伝子導入効率とDNA相同組換え効率を顕著に向上させることを見出した。
詳細情報 PDF

担当:植物科学研究領域・植物・微生物間相互作用研究ユニット 賀来華江さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:1996−2007
主要研究成果名:イネのキチンオリゴ糖エリシター受容体遺伝子の同定
要約:植物病原糸状菌細胞壁成分であるキチンの断片はごく微量でも植物に強い生体防御応答を誘導する。その受容・認識に関わるタンパク質をイネ細胞膜から精製し、遺伝子の構造を明らかにした。この遺伝子は、イネゲノム中に1コピーのみ存在した。
詳細情報 PDF

担当:植物科学研究領域・植物・微生物間相互作用研究ユニット 今泉(安楽)温子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2002−2007
主要研究成果名:タンパク質リン酸化酵素(CCaMK)の活性化による根粒の形成
要約:CCaMKは根粒の形成に必要なタンパク質リン酸化酵素である。CCaMKが常に活性状態になっているミヤコグサの変異体では、根粒菌が感染しなくても自発的に根粒ができることから、CCaMKが根粒形成システムを制御していることが明らかとなった。
詳細情報 PDF

担当:昆虫科学研究領域・昆虫ゲノム研究・情報解析ユニット 山本公子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2003−2006
主要研究成果名:BAC末端塩基配列を利用したカイコSNP連鎖地図構築
要約:カイコBACクローン約8万の両末端塩基配列解析した。その情報を元にカイコ品種p50TとC108T間で検出した一塩基多型(SNP)を利用し、BACをマーカーとした高密度のSNP連鎖地図を構築した。
詳細情報 PDF

平成17年度

担当:ゲノム研究グループ・昆虫ゲノム研究チーム 門野敬子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2003−2006
主要研究成果名:カイコ2型濃核病ウイルス抵抗性遺伝子の単離と解析
要約:カイコ2型濃核病Bウイルスに対する抵抗性遺伝子(nsd-2)を、カイコゲノム情報を用いて単離した。抵抗性カイコと感受性カイコで候補遺伝子の塩基配列の比較により、中腸で発現している膜タンパク質遺伝子の欠損が、抵抗性の原因であった。
詳細情報 PDF

平成16年度

担当:分子遺伝研究グループ・遺伝子応答研究チーム 小松節子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2000−2005
主要研究成果名:低温耐性と茎葉伸長に関与するカルシウム情報伝達系の解析
要約:イネ幼苗期の低温耐性と茎葉伸長の関与しているリン酸化能を有するカルレティキュリンを単離した。そのカルシウム情報伝達系において相互作用するタンパク質あるいはカルシウム依存性プロテインキナーゼ遺伝子群は、遺伝子導入により茎葉伸長の制御あるいは低温耐性を獲得できる。
詳細情報

平成15年度

担当:遺伝資源研究グループ・生殖質保全研究チーム 野口純子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2002−2004
主要研究成果名:免疫抑制剤結合タンパク質FKBP6は精子形成における減数分裂を調節する
要約:減数分裂前期で精子形成が停止する変異ラットの原因遺伝子はFkbp6である。免疫抑制剤結合タンパク質の一つであるFKBP6は、相同染色体の接着装置であるシナプトネマ構造の構成因子であり、対合を維持する機能を有する。
詳細情報

担当:ジーンバンク・微生物資源研究チーム 竹内香純さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2001−2005
主要研究成果名:ダイズ斑点細菌病菌の宿主特異性に関するflagellin糖鎖修飾関連遺伝子群
要約:ダイズ斑点細菌病菌Pseudomonas syrungae pv. glycineaのべん毛構成タンパク質flagellinは、糖タンパク質である。その糖鎖修飾関連遺伝子群の変異株では、宿主であるダイズに対する病徴発現能が低下し、非宿主であるタバコに対しては病徴様の変化を引き起こす。本細菌の宿主特異性にはflagellinの糖鎖修飾が関連する。
詳細情報

担当:分子遺伝研究グループ・遺伝子応答研究チーム 小松節子さん
主要研究成果の分類:知的貢献
研究期間:2000−2004
主要研究成果名:イネ組織特異的・細胞内局在タンパク質の解析とデータベースの構築
要約:ゲノム塩基配列情報を利用した生物機能解明のためにプロテオーム解析は重要である。イネのさまざまな生育時期の各種組織あるいは精製細胞内小器官のタンパク質5,676種類について構造解析し、イネプロテオームデータベースとして構築・公表した。
詳細情報


Copyright (C) 2011 独立行政法人 農業生物資源研究所
〒305-8602 茨城県つくば市観音台2-1-2