[農業生物資源研究所トップページ] [バックナンバー]

 農業生物資源研究所メールマガジン 66号 2012年11月15日 

□■目次■□
 
<プレスリリース>
1) ブタのゲノム及び遺伝子配列の解読に成功 -ブタの品種改良の加速化に期待-
 
<イベント・行事案内>
2) つくば科学フェスティバル2012
3) 食と農林漁業の祭典 〜生産者と消費者、日本と世界を結ぶ〜 
  農業フロンティア2012 農業は成長産業へ〜最先端での出会いと発見〜
4) 2012年植物科学シンポジウム -植物科学最先端研究への期待-
5) 日本動物実験代替法学会 第25回大会
 
<テレビ放送のお知らせ>
6) ガリレオX 「カイコ再登場 衣料の主役から医療の主役へ」(再放送)
 
<刊行物のお知らせ>
7) 「農業生物資源研究所ニュース」46号を発行しました

<プレスリリース>
1) ブタのゲノム及び遺伝子配列の解読に成功 -ブタの品種改良の加速化に期待-
  (平成24年11月12日、解禁は11月15日)
  • 生物研が参加するブタゲノムの解析のための国際コンソーシアムは、ブタゲノムの塩基配列の解読を行いました。
  • さらに、コンソーシアムのうち生物研等の日本の研究グループは、ブタゲノム上のおよそ15,000個の遺伝子の配列を解読しました。
  • これらのブタゲノム解析の成果は、ブタの品種改良や医療用モデルブタの開発を促進するものと考えられます。
□ 詳しくはホームページをご覧下さい。 http://www.naro.affrc.go.jp/archive/nias/press/20121112/
<イベント・行事案内>
2) つくば科学フェスティバル2012

つくば科学フェスティバルは、つくば市内の小中学校から高校や大学そして研究機関等66団体が「つくばカピオ・大清水公園ほか」に集結し、科学 実験をはじめ、観察、工作など科学を楽しむための体験型イベントです。生物研は、「まゆ玉人形を作ろう!」と題して、来場者がいろいろな色のまゆ を使って,オリジナルの人形を作ったり、みどりや赤などに光るまゆと糸を観察すことができる企画で出展いたします。是非ご来場下さい。

■ 開催日時:平成24年11月17日(土曜日)・18日(日曜日) 10:00〜16:00
■ 主催:つくば市 共催:筑波研究学園都市交流協議会
■ 場所:つくばカピオ 住所:つくば市竹園1-10-1
■ 入場料: 無料
□ 詳しくはホームページをご覧下さい。
つくば科学フェスティバル2012 ホームページ  http://www.tsukuba.ed.jp/~298kids/modules/wordpress/index.php?p=76
3) 食と農林漁業の祭典 〜生産者と消費者、日本と世界を結ぶ〜
  農業フロンティア2012 農業は成長産業へ〜最先端での出会いと発見〜

農業フロンティアは、経済産業省・農林水産省が主催する、被災地域を始めとした日本の美味しい食、農産品を国内外の消費者に実際に食べていただ きます。さらに、その裏に隠された生産者の努力や、その美味しさを支える日本の技術、その技術により可能となった最先端の農業を実感していただく イベントです。生物研は、「知っている?絹の新しい魅力」と題して、新種カイコが作り出す最先端の絹糸「蛍光カラーシルク」や「超極細シルク」で 織り上げた、世界に二つとない試作品(着物・ブラウスなど)を展示します。是非ご来場下さい。

■ 開催日時:平成24年12月1日(土曜日)・2日(日曜日) 10:00〜17:00
■ 主催:経済産業省・農林水産省
■ 場所:東京ビッグサイト 住所:東京都江東区有明3-11-1
■ 参加費:無料
□ 詳しくはホームページをご覧下さい。
農業フロンティアのホームページ  http://agri-frontier.com/
生物研の紹介のホームページ  http://agri-frontier.com/exhibition/detail_sentan_ssk.html
4) 2012年植物科学シンポジウム -植物科学最先端研究への期待-

 植物科学シンポジウムは、文部科学省、農林水産省、経済産業省の関係機関である大学、理研、生物研、産総研の研究者が一堂に介して以下の日程で 開催されます。

■ 開催日時:平成24年12月3日(月曜日) 10:00〜17:45
■ 主催:大学植物ネットワーク、独立行政法人 理化学研究所 植物科学研究センター、独立行政法人 農業生物資源研究所、独立行政法人 産業技術総合研究所
■ 場所:東京品川コクヨホール(東京都港区港南1丁目8番35号)
■ 参加費: 無料
□ 詳しくはホームページをご覧下さい
2012年植物科学シンポジウムのホームページ http://www.kuba.co.jp/plant-science/2012/
5) 日本動物実験代替法学会 第25回大会

 日本動物実験代替法学会では、「動物実験代替法のサイエンス -機構に基づいた予測-」を基軸に、将来的に動物実験代替法への活用が期待される様々な研究分野の最新知見を積極的に取り込み、特別講演・教育講演のほ か、多数のシンポジウムが開催されます。生物研は、シンポジウムS6「コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたADMET解析に有用な培養シス テム」に共催、参加しています

■ 開催日時:平成24年12月7日(金曜日)〜9日(日曜日)
■ 主催:日本動物実験代替法学会
■ 場所:慶応義塾大学薬学部芝共立キャンパス(東京都港区芝公園1-5-30)
□ 詳しくはホームページをご覧下さい
日本動物実験代替法学会のホームページ http://www.asas.or.jp/jsaae/taikaiannai.html
<テレビ放送のお知らせ>
6) ガリレオX 「カイコ再登場 衣料の主役から医療の主役へ」(再放送)

 ガリレオXはBSフジで放映されている、サイエンスやテクノロジーに関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える 30分の科学ドキュメンタリーです。#40「カイコ再登場 衣料の主役から医療の主役へ」の放送で遺伝子組換えカイコなどの技術などが紹介されま す。再放送が 11月18日(日曜日)9:30〜10:00 に予定されております。是非ご覧下さい。

<刊行物のお知らせ>
7) 「農業生物資源研究所ニュース」46号を発行しました。概要は以下のとおりです。
研究トピックス
免疫機能を持たない「免疫不全ブタ」の開発
研究交流
タイ国の政府関係者が生物研を視察
ミャンマーからの研修生がジーンバンクを視察
受賞・表彰
平成23年度 低温生物工学会 奨励賞
低温生物工学会年会 ベストプレゼンテーション賞
第7回 トランスポーター研究会 優秀発表賞
平成24年度 日本シルク学会 学会賞
平成23年度 日本シルク学会 研究奨励賞
会議報告
シンポジウム「ゲノム情報を活用した作物の新品種開発の最前線」
第51回ガンマーフィールドシンポジウム「変異体解析による作物の形態に関与する遺伝子の解明」
イベント報告
BIO tech 2012・第3回 化粧品開発展
サマー・サイエンスキャンプ
つくばちびっ子博士
市民と研究者が一緒に考える遺伝子組換え
その他の小・中学生向け、高校生向けイベント
イベント情報
□ 詳しくはホームページをご覧下さい。
HTML版: http://www.naro.affrc.go.jp/archive/nias/newsletter/news/2012/Newa46_html/index.html
pdf版: http://www.naro.affrc.go.jp/archive/nias/newsletter/news/2012/News46.pdf

▼メールマガジンのバックナンバーは、生物研Webサイトの以下のアドレスでご覧になれます。
▼このメールマガジンに対するご意見や、配信中止、メールアドレス変更等に関するご連絡は、NIASMLMZmail@nias.affrc.go.jp までお願いします。
◎生物研では公式 Twitter でプレスリリース・イベント情報など最新情報をいち早くお知らせしています。
生物研広報室
電話: 029-838-8469
ホームページ: http://www.naro.affrc.go.jp/archive/nias/