トップページ > 研究活動 > 研究交流 > 農業生物資源研究所と国際イネ研究所が、イネのストレス耐性向上に関する研究協力に合意
トップページ > スナップショット > 農業生物資源研究所と国際イネ研究所が、イネのストレス耐性向上に関する研究協力に合意

研究交流
平成23年12月15日
独立行政法人 農業生物資源研究所

農業生物資源研究所と国際イネ研究所が、
イネのストレス耐性向上に関する研究協力に合意


平成23年11月11日(金曜日)、農業生物資源研究所(生物研)と国際イネ研究所(IRRI、フィリピン・ロスバニオス市)は、イネ遺伝資源のストレス耐性を向上させる協力に合意しました。平成23年11月14日(月曜日)には、IRRI副所長 Dorbermann 博士が生物研石毛理事長を訪れ、本研究協力に関する合意書(Memorandum of Agreement、MOA)を両研究所間で交換しました。

今回の研究協力に関する合意は、2002年にIRRIと国際農林水産業研究センターとの両研究所間で締結された共同研究覚書(Memorandum of Understanding、MOU)に基づくものです。今後は、今回の合意書に基づき、耐乾性能力や根系形質に関する試験での協力を実施する予定です。

IRRI副所長Dorbermann博士と生物研石毛理事長他のスナップショット

平成23年11月14日、生物研理事長室におけるスナップショット

(左より、研究企画調整室川崎参事、イネゲノム育種研究ユニット宇賀主任研究員、矢野農業生物先端ゲノム研究センター長、石毛生物研理事長、IRRI副所長 Achim Dorbermann 博士、IRRI研究主任 Hei Leung 博士)

トップページ > 研究活動 > 研究交流 > 農業生物資源研究所と国際イネ研究所が、イネのストレス耐性向上に関する研究協力に合意
トップページ > スナップショット > 農業生物資源研究所と国際イネ研究所が、イネのストレス耐性向上に関する研究協力に合意