農業生物先端ゲノム研究センター

家畜ゲノム研究ユニット


家畜ゲノムデータベースの整備及び家畜の改良に有用な遺伝子の解析

 家畜ゲノム研究ユニットでは、「高品質で安心かつ安全な家畜生産」に貢献するため、ゲノムリソースを充実させ、それらの情報発信を行っています。これまでに1万個以上の発現遺伝子(完全長cDNA)を解読するとともに、世界各国と共同でブタのゲノム解読を行いました。また遺伝子多型を利用した品種や個体の識別法を開発し、椎骨数や肉色を支配する遺伝子を解明しました。
 現在、ブタなどの家畜において、遺伝子情報や多型情報のさらなる充実を図っています。また遺伝子多型と各種形質との関連性をより効率的に解析する手法を開発します。ゲノム情報を有効活用し、肉質、成長、抗病性、繁殖性などに関わる多くの遺伝子の解明を目指しています。
 ゲノム情報を有効利用することにより、様々な遺伝子マーカーが開発されます。肉質、生産性、抗病性などを対象とした育種改良が迅速化されるとともに、遺伝子多型に基づいた生産管理により、多様なニーズに応える生産物の供給も可能となります。

  • Photo
    ゲノム解読から遺伝子の多型判定まで
    ほ乳類の細胞の中には染色体(ゲノムDNA)があり、約2万5千の遺伝子が位置しています。それらを解読し、個体差の原因となる遺伝子多型を明らかにすることにより、遺伝子マーカーを開発します。
  • Photo
    様々な脂肪含量を示すロース肉
    ヘルシー指向で脂肪分の少ない豚肉、霜降りで風味豊かな豚肉など、消費者ニーズは多様化しています。遺伝子マーカーを利用して、効率よくこれらの豚肉を生産することが可能となります。

ページトップへ戻る