植物科学研究領域

植物・微生物間相互作用研究ユニット


植物と病原微生物の相互作用の解析

 カビ(糸状菌)、細菌、ウイルスなどの微生物の感染によって起こる病気は作物の収量低下の大きな原因であり、それをいかにして防ぐかは農業上の重要な課題です。病害防除技術の開発のためには、植物や微生物のことを深く理解することが必要です。例えば、微生物は、植物の表面構造を認識して植物体内に侵入したり、植物がもっている分子を利用して増殖したりします。一方、植物は、微生物が侵入してきたことを感知して抵抗反応を発動し、ほとんどの場合感染を免れます。しかし、微生物のなかには、植物の抵抗反応から逃れる機構を備えているものもいます。このように、植物と微生物の間には様々な攻防が繰りひろげられていますが、そこに関わる役者やその働きについてはまだ解明されていないことがたくさんあります。植物・微生物間相互作用研究ユニットでは、いろいろな側面から植物と微生物の相互作用を研究し、持続的な環境保全型病害防除技術の開発に役立てることを目指しています。

  • 左はいもち病菌に感染したイネの写真です。当ユニットではいもち病菌がどのようにして植物の微生物感知機構から逃れているかを明らかにしました。右はTMGMVというウイルスを接種したトマトの写真です。当ユニットでは元々トマトに感染できないTMGMV(右)が変異を起こしてトマトに感染できるようになる(左)機構を明らかにしました。

ページトップへ戻る