遺伝子組換え研究センター

耐病性作物研究開発ユニット


病害抵抗性機構の解明 及び遺伝子組換え等による病害抵抗性作物の開発

 カビや細菌など、様々な病原体の感染による病気が作物の生産量を低下させます。またそれを防ぐために高いコストがかかっています。植物は多くの病原体に抵抗して病気になるのを防ぐ能力を潜在的にもっていますが、それらの能力が十分に活用されない場合や病原体の感染力がそれを上回る場合に、作物は病気に侵されてしまいます。耐病性作物研究開発ユニットでは、イネのいもち病等、大きな被害をもたらす重要病害において、病原体が感染しようとする際の作物の反応や潜在的な抵抗性の仕組みを分子レベルで深く解明することを目指します。また、これらの仕組みに関わる遺伝子をはじめ、病気に対する抵抗性を高める能力をもつ遺伝子を探索します。そして得られた知見や遺伝子をうまく活用し、おもに遺伝子組換えを用いて、複数の病気に対して強い作物等、従来の育種法では作り出すことが困難な作物を開発することを目指します。

  • Photo

ページトップへ戻る