遺伝子組換え研究センター

新機能素材研究開発ユニット


シルクタンパク質の利用技術の開発 及び
遺伝子組換えカイコ技術等によるシルク材料改変の技術開発

 新機能素材研究開発ユニットでは、生物素材としてシルクタンパク質に注目して、医療用分野やコスメティック分野等の産業分野で利用できる新素材の開発を目的としています。カイコが作るフィブロイン・セリシンやスズメバチ幼虫が作るホーネットシルクに関して、それぞれのタンパク質のもつ構造や機能の解析や、フィルム、スポンジ、樹脂などの多様な形態や物性をもつ材料への加工プロセスの開発、さらに遺伝子組換えカイコ技術や化学修飾技術を駆使したシルクタンパク質材料への機能付加や物性改変のための技術開発を通して、シルクタンパク質を基盤とした新機能素材の開発を行います。シルクフィブロインスポンジを用いる軟骨再生治療用材料やエステティック用材料、セリシンやホーネットシルクのフィルムを利用する角膜再生材料や床ずれ用創傷保護材、ラクトース修飾フィブロインによる肝細胞3次元培養担体、クモ糸タンパク質を含有する組換え絹糸による高強度繊維、一本鎖抗体を融合したアフィニティシルク材料、非天然アミノ酸を導入したシルクタンパク質の開発を進めています。

シルクタンパク質から作製したスポンジ、フィルム、チューブ材料

ページトップへ戻る