遺伝資源センター

保存・情報研究ユニット


動物遺伝資源の導入・保存 及び遺伝資源の保存法と情報管理・提供の研究開発

 保存・情報研究ユニットでは、農業生物資源ジーンバンク事業における、家畜・家禽、昆虫などの動物遺伝資源の研究部門として、サブバンク等と協力し遺伝資源の導入・保存を行うとともに、遺伝資源とその情報の保存管理を研究しています。植物の種子や栄養体、動物の生殖細胞、微生物などの遺伝資源を安全・確実に保存することはジーンバンクの重要な役割の一つであり、遺伝資源の種類に応じて最適な保存形態・保存方法を検討し、遺伝資源の活力が失われないよう努めています。従来の技術では保存が困難な遺伝資源、たとえば栄養繁殖性作物に対しては超低温保存法を改良するなど、より高度な保存方法を研究しています。また、情報分野の研究部門として、来歴・特性・在庫等に関するデータベースの構築、およびインターネットを通した情報公開のための研究開発を行っています。多様な保存技術を研究・開発し、貴重な遺伝資源を次世代に引き継ぐことを目指しています。

  • Photo
    液体窒素(-196℃)で生殖細胞を長期的に保存
  • Photo
    植物遺伝資源検索システム

ページトップへ戻る