トップページ > プレスリリースリスト > 世界初!マウス体内で成熟させた豚精子を用い、正常子豚が誕生


独立行政法人 農業生物資源研究所 ロゴマーク 麻布大学 ロゴマーク

プレスリリース
平成22年2月2日
独立行政法人 農業生物資源研究所
麻布大学

世界初!マウス体内で成熟させた豚精子を用い、正常子豚が誕生

- 絶滅が危惧される動物の新たな保存・利用の基盤技術として期待 -


ポイント
  • 子豚の精巣を免疫不全マウスに移植し、その体内で豚成熟精子を作出。
  • 成熟精子を成熟卵と授精させた後に雌豚に移植し、子豚を分娩させることに世界で初めて成功。
  • 家畜だけでなく絶滅危惧種や稀少な動物の保存・利用の基盤技術として期待。

概要

農業生物資源研究所と麻布大学は、子豚の精巣を免疫不全マウスに移植することで精子を成熟させ、この精子を豚の成熟卵に顕微授精(卵の細胞質に精子を注入する方法)して得られた受精卵を雌豚に移植する方法で、世界で初めて子豚の分娩に成功しました。哺乳動物ではこれまで雄の成熟した精子を採取して凍結し、保存・利用してきましたが、絶滅危惧種などの貴重なほ乳類の精子は常にその採取の機会や量が制約されています。今回開発した手法は、精巣組織を免疫不全動物に移植し、その移植組織の中で未成熟精子を発育・成熟させ、繁殖に利用するものです。家畜のほか、野生動物にも応用可能であり、未成熟の個体や事故等により死亡した希少な雄動物への適用も考えられます。そのため、本技術は絶滅が危惧されるアジアの貴重な豚品種など遺伝資源の新たな保存・利用法の基盤技術として期待されます。

予算:運営費交付金

参考資料 [PDF:537キロバイト]


Michiko Nakai, Hiroyuki Kaneko, Tamas Somfai, Naoki Maedomari, Manabu Ozawa, Junko Noguchi, Junya Ito, Naomi Kashiwazaki and Kazuhiro Kikuchi
Production of viable piglets for the first time using sperm derived from ectopic testicular xenografts
Reproduction Feb. 139:331-335; DOI: 10.1530/REP-09-0509
(PubMed) PMID: 20015869

Nature Japan の naturejapanjobs で特集記事として本研究を紹介:豚の精巣をマウスに移植、得られた精子を用いて元気な子豚が誕生!

問い合わせ先など

研究責任者:(独)農業生物資源研究所 理事長 石毛 光雄
研究推進責任者:(独)農業生物資源研究所 動物科学研究領域
生殖機構研究ユニット長 徳永 智之
研究担当者:(独)農業生物資源研究所 動物科学研究領域
生殖機構研究ユニット 上級研究員 菊地 和弘
電話番号:029−838−7447
生殖機構研究ユニット 上級研究員 金子 浩之
日本学術振興会特別研究員 中井美智子
麻布大学 獣医学部 教授 柏崎 直巳
広報担当者:(独)農業生物資源研究所 広報室長 川崎建次郎
電話番号:029−838−8469


 【掲載新聞】 2月3日水曜日:茨城新聞、常陽新聞、日経産業新聞、化学工業日報、2月5日金曜日:朝日新聞、2月12日金曜日:日本農業新聞、2月14日日曜日:東京新聞神奈川版、8月31日火曜日:毎日新聞(科学のまちから)

トップページ > プレスリリースリスト > 世界初!マウス体内で成熟させた豚精子を用い、正常子豚が誕生