アグリ・ゲノム研究の総合的な推進 [(旧)食料供給力向上のためのグリーンテクノ計画] ― イネゲノム研究 ―

 トップページ


最終更新日:2008/07/09

サイトマップ

トップページ
 ◆ 推進体制
◇ 全体像
◇ 研究組織
◇ リーダー一覧
◇ 評価委員一覧
◇ プロジェクト情報
 ◆ アグリ・ゲノム(イネ)各プロジェクトの情報
◇ QTL
◇ 多様性ゲノム
◇ ゲノム育種
◇ 重要形質
◇ ミュータントパネル
◇ リソースセンター
△ DNAマーカー
△ 大規模機能解明
△ 資源植物ゲノム
△ シミュレーター
△ プロテオミクス
△ 全塩基配列
△ マイクロアレイ
 ◆ 業績リスト
◇ QTL研究成果の公表
◇ 多様性ゲノム研究成果の公表
◇ ゲノム育種研究成果の公表
◇ 重要形質研究成果の公表
◇ ミュータントパネル研究成果の公表
◇ リソースセンター研究成果の公表
△ DNAマーカー研究成果の公表
△ 大規模機能解明研究成果の公表
△ 資源植物ゲノム研究成果の公表
△ シミュレーター研究成果の公表
△ プロテオミクス研究成果の公表
△ 全塩基配列研究成果の公表
△ マイクロアレイ研究成果の公表
 ◆ プレスリリース
 ◆ シンポジウムのご案内
 ◆ イネゲノム解読成果―Q&A―・資料室
 ◆ 特許化の状況
 ◆ イネゲノム解析研究関連データベース
 ◆ リンク
 ◆ サイトマップ・更新情報
◇ サイトマップ
◇ 更新情報

ページトップへ戻る▲

各プロジェクトの情報 (参画機関・研究課題・研究成果など)

◆ 有用遺伝子活用のためのイネゲノム研究・ゲノム育種による効率的品種育成技術の開発
(平成19年度終了)
QTL遺伝子解析の推進(QTL)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
多様性ゲノム解析研究(多様性ゲノム)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
ゲノム育種技術の開発と実証 (ゲノム育種)
研究成果
イネ・ゲノムの重要形質関連遺伝子の機能解明(重要形質)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
遺伝地図とミュータントパネル利用型(ミュータントパネル)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
イネ・ゲノムリソースセンターの整備(リソースセンター)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
(平成18年度終了)
DNAマーカー
・DNAマーカーを用いた効率的選抜育種技術の開発(〜平成13年度)
概要(〜平成13年度)
〜H13研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧(〜平成13年度)
研究成果(〜平成13年度)
・DNAマーカーによる効率的な新品種育成システムの開発(平成14年度〜18年度)
概要(平成14年度〜18年度)
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧(平成14年度〜18年度)
研究成果(平成14年度〜18年度)
組換え体利用型(大規模機能解明)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
(平成16年度終了)
イネ・ゲノムの種間・属間比較研究(資源植物ゲノム)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
イネ・ゲノムシミュレーターの開発(シミュレーター)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
タンパク質の構造解析を利用した単離及び機能解明(プロテオミクス)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
イネ・ゲノムの全塩基配列の解明(全塩基配列)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果
(平成14年度終了)
遺伝子発現モニタリング手法を利用した単離及び機能解明(マイクロアレイ)
概要
研究課題数及び研究課題名と担当機関一覧
研究成果

ページトップへ戻る▲

Copyright (C)National Institute of Agrobiological Sciences. All rights reserved.