アグリ・ゲノム研究の総合的な推進 [(旧)食料供給力向上のためのグリーンテクノ計画] ― イネゲノム研究 ―

 トップページ



更新情報

2008.11.27 「ミュータントパネル」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号MP2136)
[PubMed 18980655] [Plant J (2008) Online First]
を掲載しました。

「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP4002)
[PubMed 18980655] [Plant J (2008) Online First]
を掲載しました。
2008.10.16 シンポジウムなどのご案内に
植物科学シンポジウム 「植物の力を人類の未来に活用する」を追加しました。
2008.10.16 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP2002)
[Plant Biotechnology 25(5):465-471 (2008)]
を掲載しました。
2008.09.16 「大規模機能解明」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号EF1001)
[Breeding Science 58(3):201-207]
を掲載しました。

「DNAマーカー」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号DM11051)
[Breeding Science 58(3):235-242 (2008)]
を掲載しました。

「QTL」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号QT1001)
[Breeding Science 58(3):281-291 (2008)]
を掲載しました。

「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP4001)
[PubMed 18723578] [Plant Cell(2008) Online First]
を掲載しました。
2008.09.04 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP1005)
[PubMed 18593744] [Plant Cell Physiol (2008) 49(8):1176-1184]
を掲載しました。
2008.08.27 お知らせ
・イネ低温発芽性遺伝子qLTG3-1の発見
を掲載しました。
2008.08.18 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP1005)
[Plant Cell (2008) Online First]
を掲載しました。
2008.08.05 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP1005)
[PubMed 18670135] [Genes Genet Syst. (2008) 83(3): 237-244]
を掲載しました。
2008.07.09 プレスリリース
・コメの大きさを決める遺伝子を発見!日本のお米の起源に新説!
を掲載しました。

「QTL」プロジェクトの概要のページ及び
「多様性ゲノム」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号QT5001、GD2008)
[Nat Genet (2008) Online First]
を掲載しました。

・各プロジェクトの「研究成果の公表」のページに、平成19年度の成果を追加しました。
2008.04.09 「多様性ゲノム」プロジェクトの概要のページに、
平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞の
受賞者を掲載しました。
2008.03.26 「QTL」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号QT2001)
[Breeding Sci. (2008) 58: 7-14]
・論文発表(課題番号QT2003)
[Breeding Sci. (2008) 58: 39-46]
を掲載しました。
2008.03.05 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号IP1001)
[PubMed 18193402] [Theor Appl Genet (2008) 116(5): 715-22]
を掲載しました。

「QTL」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号QT1005)
[PubMed 18274726] [Theor Appl Genet (2008) Online First]
を掲載しました。

「多様性ゲノム」プロジェクトの概要のページに、
論文発表(課題番号GD3002)
[PNAS (2008) 105(10): 4062-4067]
を掲載しました。
2008.01.21 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
第4回(平成19年度)日本学術振興会賞の受賞者(2名)
を掲載しました。
2007.12.19 「多様性ゲノム」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号GD2003)
[Breeding Sci. (2007) 57: 331-337]
・論文発表(課題番号GD2005)
[Breeding Sci. (2007) 57: 281-288]
を掲載しました。
2007.12.19 「QTL」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号QT2003)
[Breeding Sci. (2007) 57: 305-314]
を掲載しました。
2007.12.11 論文発表(課題番号IP5003)に、
[PubMed 18003916] [PNAS (2007) 104(47): 18807-18812]
を追加しました。
2007.12.04 「重要形質」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号IP4002)
[PubMed 17890377] [Plant Cell (2007) 19(9): 2940-2951]
・論文発表(課題番号IP5003)
[PubMed 18048682] [Science (2007) 318(5855): 1417]
を掲載しました。
2007.10.30 「大規模機能解明(組換え体利用型)」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号EF1004)
[PubMed 17929174] [Plant Mol Biol (2007) 65(4): 357-371]
を掲載しました。
2007.10.18 シンポジウムなどのご案内に
植物科学シンポジウム「植物科学の発展 - 植物生産力の向上による、食料、生物生産、環境保全への貢献」を追加しました。
2007.10.09 リンク」のページを更新しました。
2007.10.03 プレスリリース
・DNAマーカー選抜で出穂性を改変した「コシヒカリ」型水稲新品種の育成
お知らせ
・メンデルが「遺伝の法則」発見に用いた緑色マメ遺伝子を同定
を掲載しました。
2007.10.01 「QTL」プロジェクトの概要のページに、
プレスリリース
・第112回日本育種学会にて発表されたQTL (QT3007)の成果が、同大会運営委員会によりプレスリリース対象に選ばれ、新聞発表されました。
を掲載しました。
2007.09.28 「QTL」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号QT3002)
[PudMed 17657471] [Theor Appl Genet (2007) 115(5): 593-600]
を掲載しました。
2007.09.21 「リソースセンター」プロジェクトの概要のページに、
・論文発表(課題番号GR1003) doi: 10.1266/ggs.82.321
を掲載しました。
2007.09.13 プレスリリース
・作物の遺伝子を思い通りにピンポイントで改変することに世界で初めて成功
- デザインどおりの品種改良が可能に -
を掲載しました。
2007.09.03 お知らせ
・植物の生殖過程で働くRNAサイレンシング遺伝子の第一号をイネで発見
を掲載しました。
2007.07.20 ・グリーンテクノ計画紹介DVD
「人類の未来を拓くイネゲノム研究−グリーンテクノ計画−」を作成しました。
詳細はこちら
シンポジウムなどのご案内に 「第5回 国際イネ機能ゲノミクス国際シンポジューム」を追加しました。
2007.07.18 「QTL」プロジェクトの概要のページに、
プレスリリース
・(独)農業生物資源研究所が、イネ遺伝子全体の働きを同時に解析できる画期的なツール「イネ44Kマイクロアレイ」を開発- 商品化により遺伝子研究の加速が期待 -
を掲載しました。
2007.07.17 プレスリリース
・イネのいもち病等の複数の病害に対して極めて強い防御機能がある遺伝子を世界で初めて発見
を掲載しました。
2007.07.12 お知らせ
・イネの安定多収に必要なケイ酸の輸送を司る新規遺伝子の同定に成功
を掲載しました。
2007.05.24 リンク」のページに、京都大学大学院 農学研究科農学専攻 品質科学講座品質設計開発学分野を追加しました。
2007.05.23 ・「DNAマーカー」プロジェクトの研究成果を掲載しました。
・「リンク」のページに、高知県農業技術センターを追加しました。
2007.05.22 「ゲノム育種」プロジェクトの研究成果を掲載しました。
2007.05.18 ・「イネゲノム解読成果 − Q and A −」に、記事を追加しました。
・「業績リスト」のページを追加しました。
2007.05.16 ・「特許化の状況」のページの特許件数表を更新しました。
・「リンク」のページに、岐阜大学 応用生物科学部 食品分子機能学研究室を追加しました。
2007.05.14 ・「リンク」のページに、名古屋大学 大学院生命農学研究科 生物相関防御学研究分野を追加しました。
・各プロジェクトの「研究成果の公表」のページに、平成18年度の成果を追加しました。
2007.05.08 イネゲノム解読成果 − Q and A −」に、「農と食のサイエンス」(農林水産技術会議内のページ)を掲載しました。
2007.03.30 イネゲノム解読成果 − Q and A −」に、パンフレット「グリーンテクノ計画−イネゲノム研究の発展と普及−」を掲載しました。
2007.01.18 プレスリリース
・「イネの遺伝子数は約32,000と推定 そのうち、29,550の遺伝子の位置を決定し、情報を公開」
・「六条オオムギは二条オオムギから進化したことが明らかに - 穂の形を制御する遺伝子の突然変異が原因-」
を掲載しました。

ページトップへ戻る▲

2006年以前の更新情報はこちら

Copyright (C)National Institute of Agrobiological Sciences. All rights reserved.