このページはJavascriptを利用しております。

イネゲノム育種研究ユニットの役割


<クリックすると拡大します>

ゲノム情報を活用したイネ品種改良の効率化を目的に、重要な農業形質である開花期、病害抵抗性、穂発芽耐性、根系形態、収量性等に関わる遺伝子を多様な遺伝資源の中から遺伝学的手法によって探索し、その機能を明らかにします。同時に、それら遺伝子をコシヒカリ等の優良品種に導入するとともに、それらを集積したイネを作出し、新品種としての可能性を検討します。

また、このような研究を推進するために必要な基盤づくりのために、イネゲノム全体にみられる一塩基置換(SNP)情報の整理およびイネの遺伝的多様性を網羅した染色体断片置換系統群の開発を行うとともにDNA マーカー、連鎖地図および有用遺伝子の多様性情報等を統合したデータベースの構築を行います。

さらには、これらの基盤を活用して、バイオマス生産性のような複雑な農業形質を改良するために有効な新しい育種法の開発を目指します。

 

▲このページの先頭へ

メンバー

ユニット長(東京大学大学院新領域創成科学研究科客員教授) 山本敏央
研究員 杉本和彦、福岡修一、米丸淳一、福田篤徳、溝淵律子、山内歌子、宇賀優作、堀清純、上田忠正
任期付研究員 小川大輔
特別研究員 孫健、久家徳之、木富悠花、飯島健
研究支援者 朱紅加、菅野徳子、安藤露、正村純彦、北澤則之、水林達実、永田和史、黒羽加奈
研究補助員 阿部恵巳、飯泉百栄、岡田良子、小竹淳子、後ノ上幸子、嶋津由香里、清水さとみ、高嶋文枝、滝本まゆみ、武山香奈子、對木千加子、徳永妙子、長門智恵子、中邨葉子、松澤栄子、谷澤千鶴子、吉田規子

 


▲このページの先頭へ