トップページ > 研究活動 ( 課題 ) > 研究概要

研究の概要

課題名牛等の動物由来の原料を用いた医療用新素材の開発
プロジェクトリーダー名 竹澤 俊明 研究期間平成23年度〜平成26年度
  目   標
動物由来のコラーゲン原料を加工して調製できる「高密度コラーゲン線維(コラーゲンビトリゲル)」に関する基盤技術を利活用することで、皮膚の創傷被覆材あるいは人工の角膜や気管として再生医療に使用する医療用具、および医薬品や日用化学品の開発研究のための動物実験代替システムとして使用する試験用具といった医療用新素材について、実用化に向けた開発を展開するとともに安定生産技術を確立する。
  研究概念図
研究概念図
【用語解説】
ADMET:吸収・分布・代謝・排泄・毒性のこと。
治験:医薬品や医療機器の開発過程で行われる臨床試験のこと。
プレバリデーション:開発した試験法を複数の研究機関で実施して試験結果の信頼性と再現性を評価することで、バリデーションの候補となる試験法として最適化するプロセスのこと。ここで、バリデーションとは、候補試験法について試験結果の信頼性と再現性を証明し、それが特定の毒性試験の目的に使用できるだけの確実性があることを確認するプロセスのこと。
アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト
アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクトは、農林水産物、副産物等の地域資源の医療分野における利用を通じて、新たな産業・ 市場の創出を図ります。

ページトップへ戻る