トップページ > 研究活動 ( 課題 ) > 研究概要

研究の概要

課題名 イネのDNAマーカー育種の利用推進
プロジェクトリーダー名 山本 敏央 研究期間平成25年度〜平成29年度
  目   標
・ゲノム基盤技術を持つ中核機関と地域の育種機関が連携して、主要稲品種への短期間での機能付与と普及実例を示す
・農業上重要な複雑形質に関わる遺伝子の単離同定を通じて、上記連携の流れに乗せる交配用稲育種素材を提供する
・日本の稲品種および育種母本のゲノムワイドな塩基多型情報を収集し共有することで、育種目標に沿った最適な母本および選抜法を決定し実践できる技術および情報基盤を構築する
  研究概念図
研究概念図
ゲノム情報を活用した農産物の次世代生産基盤技術の開発プロジェクト
(次世代ゲノム基盤)

 【研究課題】イネのDNAマーカー育種の利用推進

ページトップへ戻る