トップ > イネゲノム完全解読10周年 > 食料不足問題の解決

イネゲノム完全解読10周年
イネ
 食料不足問題の解決

お米をたくさん収穫するためには、肥料や農薬などをうまく使ってイネを育てなければなりません。たくさんの種類があるイネの中から、育てる環境に合った品種を選ぶ必要があります。21世紀中におこる可能性の高い食料不足を解決するためには、より育てやすい品種を開発しなければなりません。また、より価値の高い品種とすることも大切なことです。イネの栽培とお米の生産をめぐる問題を解決するため、様々な研究と品種作りを進めています。

イネ
国立研究開発法人 農業生物資源研究所
〒305-8602 茨城県つくば市観音台2-1-2