65.蚕の培養細胞株の作出(1984)

Inoue, H. and J. Mitsuhashi (1984) A Bombyx mori cell line susceptible to a nuclear polyhedrosis virus. J. Seric. Sci. Jpn. 53(2): 108-113

1.家蚕の卵を表面殺菌して胚子を無菌的に取り出し、その細胞を培養した。各種の細胞が遊出したが、核周辺に大型顆粒をもつ上皮状細胞が優勢をしめ、増殖して、継代培養が可能になった。

2.この細胞系に家蚕核多角体病ウイルスを接種したところ、接種後5日目に、蛍光抗体染色および電子顕微鏡による観察によって、ウイルスの複製が確認された。


 研究成果の目次に戻る