136.カイコセクロピンBの植物病原細菌に対する増殖抑制効果(1993)

Kadono-Okuda, K., K. Taniai, Y. Kato, E. Kotani and M. Yamakawa (1995) Effects of synthetic Bombyx mori cecropin B on the growth of plant pathogenic bacteria. J. Invertebr. Pathol. 65: 309-310

1.カイコ体液で得られた結果同様、合成セクロピンBはイネもみ枯細菌病菌および青枯病細菌以外の8種(根頭がんしゅ病菌、トマトかいよう病菌、軟腐病菌、腐敗病菌、桑縮葉細菌病菌、アブラナ科野菜黒腐病菌、イネ白葉枯病菌、ムギ黒節病菌)に対して強い増殖抑制効果を示した。特にイネ白葉枯病菌やムギ黒節病菌等の主要穀物病原細菌に対し、増殖抑制効果を示したことは注目に値する。

2.人工合成したカイコセクロピンBの抗菌スペクトルはカイコ体液全体を用いた場合とほぼ同様の傾向を示すため、セクロピンBは体液中の主要な抗菌因子であると推測された。


 研究成果の目次に戻る